この記事はリモート取材で作成されました

テレワークでも“会社の固定電話から自由自在に発着信”

設備も工事も不要の「クラウド音声通話サービス」で課題解決へ 設備も工事も不要の「クラウド音声通話サービス」で課題解決へ

提供:ソフトバンク

新型コロナウイルス対策としてテレワークに切り替えたものの、全社一斉に実施できないという企業は意外に多い。その理由を聞いてみると、会社の固定電話番号にかかってくる電話が受けられないからだという。電話を受けるために出社する必要があるのでは、確かにテレワークの完全実施は難しいだろう。だが、心配はいらない。そんな固定電話の悩みを抱える企業にぴったりのサービスがある。ソフトバンクが提供するクラウド音声通話サービス「UniTalk(ユニトーク)」だ。

テレワークの実施を妨げる固定電話の課題

写真:福嶋 彰氏

ソフトバンク株式会社
法人プロダクト&事業戦略本部 法人サービス施策推進統括部
コミュニケーションサービス推進部 営業企画1課 担当課長

福嶋 彰

 新型コロナウイルスによるパンデミックを一刻も早く終息に向かわせるために、テレワークの実施が強く求められている。ところが全社一斉にテレワークへ移行したくても、さまざまな事情により実施できずにいる企業も少なくない。とくにテレワーク環境が十分に整備されていない企業でよくあるのが、固定電話の課題だ。通信事業者のソフトバンクにも、固定電話に関する相談が数多く寄せられているという。

 「テレワークを実施できずにいる企業のなかには『会社にだれかがいないと、固定電話番号にかかってきた電話を受けられない』という課題を抱えているところが多いようです。わざわざ電話を受けるために、部署内で当番を決めて順番に出社しているという話もよく聞きます。」(ソフトバンク コミュニケーションサービス推進部営業企画1課 担当課長 福嶋彰氏)

 なかには、テレワークの実施中に限って固定電話を留守番電話に切り替えている企業もある。だが、固定電話にかかってきた電話を受けられないと顧客や取引先に不安を与え、ビジネス機会の損失を招くことも考えられる。

 また固定電話回線の転送電話サービスを利用すれば、特定の電話番号へ転送することは可能だ。しかし、それでは転送先の電話を受けて取り次ぐ業務を担当する社員に負担がかかるし、会社や部署の代表番号を転送電話サービスで携帯に転送しても、携帯電話では同時に1コールしか着信できないので、業務上の支障が発生する。

 テレワークの実施中は、担当者の携帯電話へ直接電話をかけるように顧客や取引先へ依頼することもある。この場合も名刺に記載されていない番号がすべての顧客や取引先に連絡が行き届いているとは限らない。また社用の携帯電話を貸与されていない場合は、個人契約の携帯電話の番号を教えることになってしまうので、個人情報保護やセキュリティー対策の観点からも避けたいものだ。

Microsoft Teamsと連携して動作する「UniTalk」

写真:西尾 共洋氏

ソフトバンク株式会社
法人プロダクト&事業戦略本部 法人サービス施策推進統括部
コミュニケーションサービス推進部 営業企画1課

西尾 共洋

 テレワークにおけるこうした固定電話の課題を解決するものとして注目を集めているサービスがある。ソフトバンクが2019年8月から提供している「UniTalk」だ。もともとは働き方改革の推進、あるいは東京オリンピック/パラリンピック開催時の事業継続によりテレワーク需要が高まることを想定していたが、予期せぬパンデミックの発生によって問い合わせが急増しているという。

 「UniTalkはマイクロソフトのコミュニケーション/コラボレーションツール『Microsoft Teams』向けに開発した日本で唯一のクラウド音声通話サービスです。会社の固定電話番号にかかってきた電話をTeamsにログインしているパソコン、タブレット、スマートフォンなどの各種デバイスで着信したり、Teamsのアプリケーションから会社の固定電話番号を使って発信したりできる機能を備えています」(福嶋氏)

 パンデミックの発生以降、テレワーク実施時のビデオ会議や情報共有を行うためにOffice 365のライセンスに含まれているTeamsを導入する企業が急激に増えている。このTeamsの機能を拡張し、固定電話番号による発着信を可能にしたのがUniTalkなのだ。

 「UniTalkの最大の特長は、東京03・大阪06などの地域に紐づく『0AB-J番号』を使って発着信できることです。これまでにも050から始まるIP電話番号で発着信できるクラウド音声通話サービスは存在していましたが、0AB-J番号に対応したTeams向けのサービスはUniTalkが初めてです」(ソフトバンク コミュニケーションサービス推進部営業企画1課 西尾共洋氏)

 UniTalkはクラウドPBX機能を実現するOffice 365のオプション機能「Phone System」と連携して利用ができる電話サービスとなる。そのため専用設備を用意したり、物理的な敷設工事を行ったりする必要はない。管理ツールを使って会社で契約したUniTalkの固定電話番号をTeamsのアカウントで発着信できるように設定するだけで、すぐに使い始めることができる。

 「1つの固定電話番号を複数のTeamsアカウントに対して紐づけることで、電話がかかってきたときに複数のデバイスに対して着信を知らせるビジネスフォンのような使い方も可能です。既存の固定電話設備に手を加える必要は一切なく、テレワークの実施期間が過ぎたら従来のビジネスフォンへ戻すこともできます」(西尾氏)

 ちなみに、UniTalkは番号ポータビリティにも対応しているので、NTTの固定回線で利用中の電話番号を変えずにUniTalkへ移行することも可能だ。

 「UniTalkのもう一つの大きな特長はコストが非常に安価なことです。例えばOffice 365 E5ライセンスを契約中の企業が10ID分のUniTalkを導入したとき、月額利用料金は1IDあたり800円、合計8000円しかかかりません。国内向けの通話料金は携帯電話宛も含めて追加料金なしの定額で利用できます」(西尾氏)

写真:リモート取材風景

Microsoft Teamsを利用していない企業向けには「Dialpad」

 UniTalkはMicrosoft Teamsでの利用が前提となるものだ。しかし、すべての企業がTeamsを導入しているわけではない。ソフトバンクでは「G Suite」「Slack」「LINE WORKS」など複数のコミュニケーション/コラボレーションツールを取り扱っているが、そうしたTeams以外のツールを使っている企業向けに「Dialpad」(ダイアルパッド)という別のクラウド音声通話サービスも提供している。

 「DialpadはGoogleアカウントやOffice 365、または利用中のメールアドレスでログインするだけで、さまざまなデバイスから音声通話ができるサービスです。ソフトバンクはG Suiteと親和性の高いDialpadを国内で独占的に販売しており、ニーズに応じてUniTalkとDialpadのどちらでも選ぶことができます」(福嶋氏)

 機能面では、UniTalkとDialpadに大きな違いはないという。ただし、Dialpadは050番号での提供となり、0AB-J番号を利用するには固定電話回線に接続された専用機器(有償)を設置する必要がある。

 これらのサービスはエンタープライズ企業から中小企業まで企業規模を問わず利用されており、ソフトバンクではパンデミックの影響でテレワークを実施している企業を対象に期間限定のテレワーク支援プログラムも展開している。

 「ソフトバンクではテレワークの実施企業が増え始めた3月17日にテレワーク支援サイト『SoftBank Telework Support』を開設しました。UniTalkとDialpadはこのサイトを通じて無料で利用することができます。UniTalkはOffice 365ライセンスも含めて最大3カ月間無料、Dialpadは6月30日までの間ライセンスと国内通話料がすべて無料になります」(福嶋氏)

 UniTalkは申し込みから1週間程度で利用を開始することができるという。今回のパンデミックを乗り切るだけでなく、働き方改革の推進や将来の事業継続を目的に試してみてはいかがだろうか。

図1●Unitalkの構成図

図1●UniTalkの構成図

図2●Unitalk/Dialpadの利用シーン

図2●UniTalk/Dialpadの利用シーン

pagetop