リックソフト カルチャー改革からプロセス統合まで DevOps/アジャイル開発を成功させるには

求められるITサービスを俊敏かつ継続的に実現し続ける手法としてDevOps/アジャイル開発の注目度がさらに高まっている。取り組みを成功させるには、既存の習慣を変革して新しいカルチャーを定着させること、そして何より、最適なツール環境の整備が不可欠だ。リックソフトは、世界中で広く利用されている「Atlassian」製品の提供および活用支援を通じて、それをサポート。特にAtlassian製品については、世界でも有数の技術力と実績を誇っている。

既存の習慣を見直してカルチャーの変革を

リックソフト株式会社 カスタマーサービス部 部長 大塚 和彦 氏
リックソフト株式会社 カスタマーサービス部 部長 大塚 和彦 氏

ビジネスニーズの変化に応じて、俊敏にITサービスを実現していくためのアプローチであるDevOps。Dev(開発)フェーズにはアジャイル開発、Ops(運用)フェーズにはITIL(Information Technology Infrastructure Library)を適用し、開発と運用を担う2つのチームが協調し、いわば「One Team」となって活動することが前提となる。

「特にアジャイル開発によって成果を上げるには、ウォーターフォール型開発のスタイルを改める以上に、体に染みついた『カルチャー』を変革していく必要があります」とリックソフトの大塚 和彦氏は強調する。

例えば、ウォーターフォール型開発では、通常、ミーティングにはプロジェクトマネジャー(PM)のような責任者が参加し、顧客と話し合いを行い、その結果を現場のメンバーに伝達することが多い。

一方、DevOpsやアジャイル開発を実践するなら、ミーティングにはPMだけでなく、現場の開発者やテスト担当者なども広く参加し、会議の場で直ちに情報を共有するなど、より生産性やスピードを重視する方法に変えることを検討すべきだ。

「ミーティングに多くのメンバーが参加すると、ことによるとコスト意識が低いという捉え方をされるケースもあります。しかし、そのような従来の習慣や考え方、つまり既存のカルチャーを見直し、意識を変革していかなくては、新しい方法が定着しないし、成果も上がりません」と大塚氏は言う。


情報を統合管理しながら効率的な開発を進められる"

どのようなツールを利用するかもDevOpsの成否を左右する。「グローバルで広く利用されているのが『Atlassian』です。複数のツールによって開発から運用までの広範なプロセスをカバーします」と大塚氏は紹介する。

まず、上流の要求仕様の策定やシステム企画の領域を司るのが「Confluence」だ。Wordでドキュメントを作成するような感覚で仕様書を作成することができる。

そうして作成した仕様をアジャイル開発のタスクに落として、スプリントとして回していけるようにするプロジェクト管理・課題管理ツールとしては「Jira Software」が用意されている。

さらにJira Softwareにおいて、課題とひも付けて作成されるGitブランチのコード管理を行うのが「Bitbucket」だ。どういう課題について、どういうコード変更を、誰が、いつ行ったか、といったことを適正に管理できる。開発メンバーがBitbucketを通じて修正コードを依頼するといった機能も装備している。

管理面では、どこのサーバーに、どういう課題に対応したソフトウエアをデプロイしたかということを管理し、証跡として残し、継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD)を支援する「Bamboo」もある。

「このようにAtlassianは、Jira Softwareを情報ハブとして、課題やそれにかかわるブランチ、さらにそのデプロイ先までを、すべてを統合的に管理し、全体像を把握しながら効果的に開発を進めていくことができるようになっています」と大塚氏は語る。

一方、運用については、複数の運用管理ツールから寄せられる通知・アラートを統合管理し、運用チームや開発チームへの振り分けを行う「Opsgenie」や、アプリケーションにかかわる不具合や機能改善要望などのフィードバック管理を行う「Jira Service Desk」といったツールがある。

「このAtlassianのツール群で構成するDevOpsの一連のプロセスの生産性や効率を高めるために、リックソフトは、Jira Softwareと連携可能なサードベンダーのツールも交えた提案を行っています」と大塚氏。テストツールやセキュリティ・コンプライアンス管理ツール、さらには先ごろリックソフトがサービスパートナーに採用されたビジネスチャットアプリ「Slack」によるコミュニケーション領域などが代表例だ(図)。

リックソフトは、開発元である豪Atlassian社のパートナーの中でも有数のパートナーとして知られる。その高度な技術力と実績をベースに、ツールの活用までを支援するサービスを提供できるのが同社の最大の強みだ。DevOps、アジャイル開発の導入を検討する企業にとって心強い味方となるはずだ。

図 リックソフトが提供するAtlassian製品+αの総合力

図 リックソフトが提供するAtlassian製品+αの総合力

Atlassian製品を中核にサードパーティ製品も適宜組み込み、DevOps/アジャイル開発のトータルなプロセスを網羅する、統合化されたツール環境を提案している

[画像のクリックで拡大表示]


▲TOPへもどる


お問い合わせ

リックソフト株式会社
担当:大塚/苅田
TEL:03-6262-3947
URL:https://www.ricksoft.jp/
E-mail:mkt@ricksoft.jp