データでビジネス成果を生むために必要な「分析+α」のアプローチとは データ分析に取り組んではいるものの、なかなか成果に結びつかないという企業が少なくない。成果を生み出すには、分析者の「個人知」に止めるのではなく、施策の実行者も含めた「組織横断智」へつなげる必要がある。日本IBMの講演では、一般的なセルフサービスBIでは乗り越えることが難しい「見せる化の壁」を突破するためのアプローチと、企業が準備すべき戦略的な情報基盤について解説された。 日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部 IBM Data and AI事業部 ダッシュボード・サイエンティスト木戸 隆治氏

独りよがりなダッシュボードが阻む 分析者と実行者間の「見せる化の壁」

参照者に寄り添った「見せる化」がコミュニケーションを加速させる

AI実装で迅速・正確な意思決定を支える「IBM Cognos Analytics」

お問い合わせ

日本アイ・ビー・エム株式会社
URL:https://ibm.biz/DataAI-JP
独りよがりなダッシュボードが阻む
分析者と実行者間の「見せる化の壁」
参照者に寄り添った「見せる化」が
コミュニケーションを加速させる
AI実装で迅速・正確な意思決定を支える
「IBM Cognos Analytics」
基調講演:ワークマン

ブルーオーシャン市場を開拓した
ワークマンの「データ経営」とは

ソリューション講演:日本IBM

データでビジネス成果を生むために
必要な「分析+α」のアプローチとは

ソリューション講演:インフォマティカ・ジャパン

データから価値を生み成果につなげる
最新データマネジメントのポイントとは

ソリューション講演:マイクロストラテジー・ジャパン

ゼロクリックでの情報活用を実現し
データドリブン組織への変革を加速

関連リンク