データから価値を生み成果につなげる 最新データマネジメントのポイントとは - 日経 xTECH Special データから新たな価値を創出するためには、データサイエンティストや分析組織の拡充を図るだけでは不十分だ。社内外に散在するデータの所在を正確に把握し、企業内のあらゆるユーザーが必要とするタイミングでデータを迅速かつ適切に理解できる仕組みが必要となる。インフォマティカ・ジャパンでは、こうした取り組みを下支えするデータマネジメントプラットフォームを提供。多種多様なデータを統合し、自在に活用できるようにすることで、ビジネスの成長を支援している。インフォマティカ・ジャパン株式会社 セールスコンサルティング本部 ソリューションアーキテクト森本 卓也氏

データ活用先進企業に共通する4つのフォーカス分野

顧客体験の向上や法規制対応でも大きな効果を発揮

「データカタログ」を中心に多彩なソリューションを展開

お問い合わせ

インフォマティカ・ジャパン株式会社
TEL:03-6403-7600
URL:https://www.informatica.com/jp/
Email:info-jp@informatica.com
データ活用先進企業に共通する
4つのフォーカス分野
顧客体験の向上や法規制対応でも
大きな効果を発揮
「データカタログ」を中心に
多彩なソリューションを展開
基調講演:ワークマン

ブルーオーシャン市場を開拓した
ワークマンの「データ経営」とは

ソリューション講演:日本IBM

データでビジネス成果を生むために
必要な「分析+α」のアプローチとは

ソリューション講演:インフォマティカ・ジャパン

データから価値を生み成果につなげる
最新データマネジメントのポイントとは

ソリューション講演:マイクロストラテジー・ジャパン

ゼロクリックでの情報活用を実現し
データドリブン組織への変革を加速

関連リンク