日経BP総研

イノベーションICTラボ主催セミナー

大競争時代のビジネスを勝ち抜く
2020年展望
DIGITAL Foresight 2020
Review
ニュータニックス・ジャパン

デジタルビジネス加速する
「真のハイブリッドクラウド」5つの要件

オンプレミスシステムとクラウドサービスを組み合わせて活用する「ハイブリッドクラウド」が、企業システムで一般化しつつある。だが、ここで見誤ってはいけないのが、単に複数の環境を組み合わせれば完成、ではないということだ。デジタル時代の競争に打ち勝ち、ビジネスを進化させる「真のハイブリッドクラウド」には、満たすべき要件がある。その内容と、実現を支援する最新の仕組みに迫る。

多くの企業が期待を寄せるハイブリッドクラウドの誤解

ニュータニックス・ジャパン合同会社 Field CTO, APAC ジャスティン・ハースト氏
ニュータニックス・ジャパン合同会社
Field CTO, APAC
ジャスティン・ハースト
 テクノロジーが企業競争力の源泉となる中、ITに対する期待も変化しつつある。必要なとき、必要なITを、迅速かつシンプルに使いたい——。こうしたニーズを背景として、多くの企業がパブリッククラウドを活用している。

 ただし、すべてのワークロードをパブリッククラウドに移行することは簡単ではない。企業内には顧客情報をはじめとする機密データが多数あり、それらの管理要件はクラウドサービスの標準化されたポリシーや環境では満たしにくいからだ。

 そこで利用が広がっているのが、「ハイブリッドクラウド」である。オンプレミスとパブリッククラウドを適材適所で使い分ける。実際、ある調査※では、企業の85%が「アプリのクラウド間におけるモビリティ(移動性)が不可欠」と回答し、また約半数が「ハイブリッドクラウドによってIT運用のすべての要件に満足できる」と回答している。ハイブリッドクラウドが企業インフラの新標準になりつつあるわけだ。

 しかし、そこには誤解もあるという。オンプレミスとパブリッククラウドをただ併用しただけでは、真のハイブリッドクラウドとはいえないのだ。「真のハイブリッドクラウドは、異なるコンポーネントがネイティブに統合されており、単一のスキルで運用できることが必須です。また、コンポーネント間で自由にリソースを移行でき、環境を超えたライセンスのポータビリティも確保されている必要があります」とニュータニックスのジャスティン・ハースト氏は説明する。

「真のハイブリッドクラウド」実現に向け考慮すべき点は

 真のハイブリッドクラウドを実現するにはどうすればよいのか。考慮すべきポイントは5つある。

 1つ目は「アプリケーションの存続期間」だ。ビジネスを支えるアプリは10年、20年使い続けるものもあれば、短期間で改修・廃棄するものもある。「どこに・何を・いつまで格納するのか。アプリのライフサイクルに合わせて変化できる、インフラの柔軟性を確保することが重要です」(ハースト氏)。

 2つ目は「経済性」である。従量課金型のパブリッククラウドは、大規模で利用頻度の高いアプリを長期間利用するとコスト負担が増大する。アプリの規模や保存期間、利用頻度を考慮したインフラ選択が不可欠だ。

 3つ目は「アプリの制約」。アクセススピードや管理性、国による言語の違いなどを考慮すると、アプリはリージョンごとに運用したほうが効率的なこともある。アプリの特性や制約を踏まえて環境を検討することが必要だ。

 4つ目は「セキュリティや規制に対するコンプライアンス」だ。クラウド利用が拡大すると、セキュリティの管理ポイントも増える。インフラがサイロ化していると、対策はそれぞれに行わなければならない。漏れやミスを抑える仕組みが重要になる。

 「また、近年は各国・地域内でのデータ保管を義務付けるデータローカライゼーション規制が広がりを見せています。必然的にインフラ展開はリージョンごとになりますが、運用体制、国・地域ごとの規制・法令の管理を一元化することが、ビジネスの信頼性を守る上で不可欠です」とハースト氏は付け加える。

 そして5つ目が「アジリティ(俊敏性)」である。市場の変化を捉え、顧客体験を高めるアプリをいかに迅速にリリースするかが競争力を左右する。新しいテクノロジーを素早く取り入れる開発環境を確立しなければならない。

HCIからクラウド上のサービスまで
求められるインフラ環境を提供

 これらのポイントを踏まえ、真のハイブリッドクラウド環境を構築する上で、ニュータニックスのハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)は大きな武器になる(図1)。サーバー、ストレージ、 SANスイッチなどを統合したシンプルなプライベートクラウドを実現。多様なパブリッククラウドとの連携に対応し、セキュリティ対策やコンプライアンス対応の可視化も図れる。「オンプレミスとクラウドの違いを意識することなく、運用を標準化し、ワークロードの移行もシームレスに行えます」とハースト氏は述べる。  同社のHCIはグローバルで多くの企業に採用されている。分散したデータセンターを集約し、クラウドシフトを加速した例や、キャンペーンなどで突発的に高まるシステムのワークロードに対し、オンデマンドなキャパシティ増強を実現している例もある。「クラウド利用をコントロールできるため、コスト最適化も図れます」とハースト氏は付け加える。

 さらに高度な環境を実現するソリューションも提供している。DaaS(Desktop as a Service)を実現する「Xi Frame」はその1つだ。ある企業はこれを活用し、グローバルDaaS環境を実現。オンプレミスとクラウドを統合管理し、仮想デスクトップ環境を世界中どこでも瞬時に提供できる環境を整えた。セキュリティ強化、運用負荷の大幅削減といったメリットを得ているという。

 また、「Xi Beam」は、支出を含めたクラウド環境の運用を可視化できるサービス。併用することで、統合管理環境を実現できる。「2020年初頭にはクラスタサービス『Nutanix Clusters on AWS』もリリース予定です。当社のHCIクラスタと同等の環境をAWSのベアメタルサーバー上に構築することで、オンプレミスとクラウドの融合をさらに加速できるようになります」とハースト氏は紹介する(図2)。

 これからのビジネスには、クラウドネイティブなプラットフォームが不可欠である。ニュータニックスは、先進のHCIと、その価値を高める多様なサービスの提供を通じ、真のハイブリッドクラウドの実現を強力にサポートする。
※「Enterprise Cloud Index」2019, Nutanix
お問い合わせ
ニュータニックス・ジャパン合同会社 TEL:03-4588-0520(代表)
問い合わせフォーム:https://www.nutanix.jp/contact/
E-mail:jp-events@nutanix.com