高性能・柔軟なマルチクラウドDWHがデータ活用のボトルネックを排除する - 従来型のデータウエアハウスは最新のテクノロジートレンドに対応できていない――。そう提唱するのがSnowflakeだ。爆発的に増え続けるデータをリアルタイムに分析・活用しながら、迅速なビジネス意思決定に生かす。同社のクラウドデータプラットフォーム「Snowflake」は、これを可能にする最新の基盤として注目を集めている。一般提供開始から5年で、グローバル4000社以上に導入されるSnowflakeの特長と強みとは。従来型のデータウエアハウスは最新のテクノロジートレンドに対応できていない――。そう提唱するのがSnowflakeだ。爆発的に増え続けるデータをリアルタイムに分析・活用しながら、迅速なビジネス意思決定に生かす。同社のクラウドデータプラットフォーム「Snowflake」は、これを可能にする最新の基盤として注目を集めている。一般提供開始から5年で、グローバル4000社以上に導入されるSnowflakeの特長と強みとは。

従来型のデータウエアハウスは最新のテクノロジートレンドに対応できていない――。そう提唱するのがSnowflakeだ。爆発的に増え続けるデータをリアルタイムに分析・活用しながら、迅速なビジネス意思決定に生かす。同社のクラウドデータプラットフォーム「Snowflake」は、これを可能にする最新の基盤として注目を集めている。一般提供開始から5年で、グローバル4000社以上に導入されるSnowflakeの特長と強みとは。

従来のデータウエアハウスでは
複数ワークロードの実行が困難

データ活用の全プロセスを
1つのプラットフォーム上で実行

従来の15倍の商品のデータを
1/4の時間で処理したケースも