政令市・中核市・特別区 CIOフォーラム

2020年7月30日、赤坂インターシティAIRにて全国基礎自治体の情報政策責任者が集う「政令市・中核市・特別区 CIO フォーラム」が開催された。総務省の「地方公共団体の情報セキュリティ対策について」の特別講演をはじめ、アフターコロナ時代の施策など注目を集めるテーマでの情報交換を実施。新型コロナウイルス対策のため、今回からWebによるライブ配信も行われた。参加したIT企業各社からも、次期情報セキュリティ対応や柔軟なテレワーク・住民サービスに対応できるテクノロジーが数多く紹介された。

  • ヴイエムウェア 業務効率向上を実現する仮想化技術の提供で『αモデル』維持を想定する自治体を支援
  • クオリティア 標的型メール攻撃から自治体を守る総合的なメッセージングソリューション
  • ServiceNow Japan コロナ禍で顕在化した自治体ICTの課題解決の鍵は住民が自己解決できる仕組みの創出
  • ジェイズ・コミュニケーション コンテナの技術を使って強靭化向上モデルの無害化もローコストで安全に
  • セールスフォース・ドットコム 新型コロナ対策でも急務のデジタル化不可欠なのは市民中心のデジタルガバメントの視点
  • トレンドマイクロ EDRを「魔法のツール」にすると失敗する 新ガイドラインにも適したEDRの使い方
  • ハミングヘッズ テレワークなど持ち出しPCの安全を守り職員と管理者のストレスフリーを実現する
  • ハンモック クラウド・バイ・デフォルト、テレワーク柔軟性が高い統合管理Assetviewが躍進
  • プロット ファイル無害化と上長承認を省略化 添付取り込みの手間を1/18以下に