境界を再定義し、高度な対策を実現 “新常態”のセキュリティ基盤とは

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、急速に普及したテレワーク。働く場所がオフィス外に広がった結果、セキュリティ対策の要点は大きく変わっている。これからは、場所や端末に依存せず、かつクラウドやIoTといった領域も保護する“新常態”のセキュリティ対策が不可欠だ。フォーティネットは、そのための手法を網羅的に提供している。

これまでのような社内・社外という
境界の概念はもう通用しない

場所や端末に依存せず、あらゆる
「ワークプレイス」の安全を守る

クラウド・仮想環境の保護や、
アクセスの可視化・制御も必須に