提供:スリーエム ジャパン

日本マイクロソフト CSOに聞く

テレワークの普及によってリスクが高まる「物理的なセキュリティ」

写真:河野 省二氏

コロナ禍のなかワークスタイルがすっかり変化し、必要に応じてオフィスへ出社するハイブリッドワークが定着しつつある。また、場所を選ばずに業務を遂行できるクラウド利用が急速に進んだことで、企業のセキュリティ対策は新たな段階を迎えた。ハイブリッドワーク時代に求められるセキュリティ対策の留意点について、日本マイクロソフトでCSO(チーフセキュリティオフィサー)を務める河野 省二氏に話を聞いた。

テレワークの普及により高まった
セキュリティリスクとは

写真:河野 省二氏

日本マイクロソフト株式会社
技術統括室
チーフセキュリティオフィサー

河野 省二

 IT環境に高度なセキュリティ機能が組み込まれ、クラウドサービスの利用も普及したことにより、サイバー攻撃のインパクトは徐々に低下してきている。日本マイクロソフト チーフセキュリティオフィサー(CSO)の河野省二氏は次のように話す。

 「いまも標的型メール攻撃やフィッシングメールによるマルウェア、ランサムウェアの被害はありますが、そうしたセキュリティインシデントの大半は、OSやアプリケーションに適切なパッチが適用されていなかったり、ベンダーのサポート対象外となった古いシステムで発生しています。こうした古いシステムからセキュリティ機能が含まれた新しいシステムへ刷新するとともに、最新のセキュリティソリューションを導入するなどIT環境をアップグレードすることで、サイバー攻撃の被害を減らすことにつながると考えています」

 しかしその一方、物理的なセキュリティについては、テレワークの普及によってむしろリスクが高まったと河野氏は指摘する。

 「従業員がオフィスに出社して働いていれば、閉じられた空間でセキュリティを意識することなく仕事ができます。ところが、シェアオフィスやコワーキングスペース、カフェ、ホテルのような不特定多数の人が利用する場所など、社外のテレワーク環境で仕事をする場合には、そうはいきません。例えば、社外に持ち出したノートパソコンやスマートフォンを置き忘れただけでも、大きな事故が発生するリスクがあります」

物理的なセキュリティ対策に有効な
プライバシーフィルター

 社外のテレワーク環境で仕事をする際にとくに注意が必要なのが、パソコンを操作する人の背中越しに画面を覗き見する「ビジュアルハッキング」「ショルダーハッキング」と呼ばれる情報窃取の手口だ。河野氏は、その危険性への理解を深める必要があると話す。

 「マイクロソフトでは、コロナ禍以前から社外で仕事をするテレワークが当たり前に行われています。この際に徹底しているのが、自分の背後に壁のある場所など、背中越しに画面を覗き見できないところで作業をするということです。これは、物理的なセキュリティリスクを軽減するためにも重要なことです。パソコンの画面の角度に気をつける、あるいはビデオ会議や通話の内容を聞かれないように注意するといったことも含め、セキュリティに関する細かなトレーニングカリキュラムを作成し、従業員は最低でも年に一度受講する仕組みになっています」

 さらに、パソコンを持ち出すことが多い人は、プライバシーフィルターのような、何らかの形で画面を隠せる仕組みを用意しているケースも少なくなく、それに対しては経費による購入を認めているという。河野氏自身も、持ち出し用のPCにはプライバシーフィルターを使用しているとのことだ。

 「画面の覗き見を防止するための手段として、プライバシーフィルターは有効性が高いと考えています。ただし仕事中には相手に画面を見せたい場合もあるし、自宅の自室にこもってテレワークしているときなど必要ない場合もあるので、私自身はプライバシーフィルターを着脱しながら使用しています」

 ちなみに河野氏は、新しいノートパソコンの利用を開始するタイミングでプライバシーフィルターを購入しているそうだ。

 「ノートパソコンの画面は、機種によって液晶の種類もサイズも解像度も違います。そのため、プライバシーフィルターを購入する際には、必ず機種専用の製品を選ぶようにしています。汎用のプライバシーフィルター製品の中には、モアレが出たり、反射したりして見づらいこともありました」

写真:河野 省二氏

使い勝手と視認性・可視性に優れた
スリーエム製品

 そんな普段からプライバシーフィルターを利用する河野氏に、スリーエムジャパンのプライバシーフィルターを試用してもらった。今回用意したのは、河野氏が利用するMicrosoft Surface Laptop 4に合わせてスリーエムが開発したタッチパネル対応のプロトタイプ版。他社製プライバシーフィルターとの違いを含む感想を伺った。

 河野氏がまず評価したのが、プライバシーフィルターの「厚み」だ。

 「一般的なプライバシーフィルターは磁石やテープなどでPCに装着するための場所として外側に縁(ベゼル)が付いていることもあり、パソコンを閉じたときにピッタリ閉まらず隙間ができてしまうことがあります。その点、スリーエムのプライバシーフィルターはベゼルレスで厚みもなく、フィルターをつけたまま閉じることができます」

 また、プライバシーフィルターをつけたまま、元の画面表示に切り替えられるアタッチメント方式も便利に感じたという。

 「フィルターを持ち上げ、くるっと裏返すだけで元の画面表示に切り替えることができます。他の着脱式製品のように外したフィルターの置き場所に困ることもありません。これも便利だと感じました」

 覗き見防止や、操作する際の視認性・可視性についても評価してもらった。

 「フィルターをつけた状態だと、隣に座った人からや、15~20度程度の斜め後ろからでも画面の内容はよく見えません。また、フィルターに室内の照明などが映り込むこともありません。色の再現性も良く、とくに白い背景の作業では文字がハッキリと認識できるので、ビジネス用途には適していると思います。画面の輝度を上げすぎなくても見やすいので、その分バッテリーの消費電力も少なく、モバイル用途にも適していると思います」

 もう1点、河野氏が評価したのが、タッチパネル操作時の使用感だ。

 「フィルターの上からタッチパネル操作をしても反応に問題はなく、フィルターの表面には指紋もつきません。また1週間以上、いつも通りにペン入力操作をしましたが、表面に目立った傷がつくこともありませんでした」

 テレワークが常態化するニューノーマル時代を迎えたいま、物理的なセキュリティ対策に有効なツールとして、プライバシーフィルターへの注目が高まっている。オフィスにおける内部犯行も含め、覗き見による情報漏えいを確実に防止するためにも、プライバシーフィルターの導入を検討してみてはいかがだろうか。

写真:プライバシーフィルターを付けないとき
写真:プライバシーフィルターを付けたとき

プライバシーフィルターを付けないとき(左)と付けたとき(右)
フィルターにはアンチグレア処理が施され、指紋や傷がつきにくく映り込みも少ない

プライバシーフィルターを付けないとき(上)と付けたとき(下)
フィルターにはアンチグレア処理が施され、指紋や傷がつきにくく映り込みも少ない

写真:フィルターを付けていても、ピッタリ閉じられる

フィルターを付けていても、ピッタリ閉じられる

写真:アタッチメントでフィルターを回転させ、すぐに元の画面を見られる

アタッチメントでフィルターを回転させ、すぐに元の画面を見られる

写真:フィルターの上からでもペンや指でスムーズに操作

フィルターの上からでもペンや指でスムーズに操作

リモートワーク時の画面情報を保護する
「3M プライバシーフィルター」

3M プライバシーフィルター

3M プライバシーフィルターは、モニターまわりにプライバシーゾーンを作り、画面の覗き見や撮影といったビジュアルハッキングによる会社の機密データの盗み見からモニターを守ります。

イラスト:プライバシー保護領域

通りすがりの人が横からモニターをのぞいても画面は暗くてよく見えませんが、パソコンを使用している人は正面からすべてクリアに見ることができます。

写真:プライバシーフィルター

日本マイクロソフトご提供「Surface Go 2」

覗き見されやすい場所

  • 受付など人通りの多い場所
  • 開放型パーティション
  • 仕切りのないオープンオフィス
  • 共有ワークスペース
  • 新幹線・飛行機等の交通機関
  • カフェやイートインスペース
  • リモートオフィス

 3M プライバシーフィルターは、さまざまなワークスタイルやワークプレイスで、画面情報をシンプルかつ適切に保護できる、覗き見防止対策の必需品です。

pagetop