日経クロステック
みんなの銀行×アクセンチュア

10年後の金融・銀行業界を見据えた
前例なきチャレンジ
デジタルネイティブ世代に訴求する
国内初のデジタルバンクが誕生

画面

ふくおかフィナンシャルグループから国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」が誕生した。デジタルネイティブ世代をターゲットに、いかにデジタルの力で新たな価値を提供していくのか。その思い、クラウドの採用、マルチ拠点での開発体制など前例を覆す挑戦について、中核メンバーであるみんなの銀行の宮本昌明氏とプロジェクトのパートナーであるアクセンチュアの山根圭輔氏に聞いた。

インターネットバンキングや
ネット銀行とは
全く異なる価値を提供

――「みんなの銀行」は、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の下、国内初のデジタルバンクとして2021年5月にサービスを開始しました。従来のインターネットバンキング、ネット銀行との違い、特徴について教えていただけますか。

伝統的金融機関のインターネットバンキングは支店を補完し業務を効率化する。ネット銀行は無店舗化によるコストの引き下げ、金利上乗せといった差別化によりサービスを展開してきました。我々が打ち出すデジタルバンクは、従来の銀行業務をネットに移行するスタイルとは一線を画し、デジタルネイティブな思想、発想で銀行のあり方をゼロから再定義(Re-Define)する、まったく新しいコンセプトのスマートフォン専業銀行になります。

ミレニアル世代、Z世代といったデジタルネイティブ層をメインのお客様に据え、その行動・思考性、ニーズに合わせ、SNSなどで発信された声を積極的に取り入れ、パーソナライズしたうえで適時、適切な情報、サービスをご提供する。デジタルと顧客行動を基点とするビジネスモデルです。

これまで銀行が進めてきたデジタル化は、紙でやっていた業務をいかに効率化するかというあくまでも“内向き”の施策で、サービス内容はほぼ横並びのままでした。

「みんなの銀行」は、デジタルを活かした新しい価値を外に向けて発信し、利用者の声や時代の変化に合わせサービスを進化させていくことを志向しています。その観点から、今度は非金融サービスとの融合・連携などによって、よりユーザーの生活、エコシステムに溶け込んでいくような世界観での展開も想定しています。

宮本昌明氏
株式会社みんなの銀行 執行役員CIO
ゼロバンク・デザインファクトリー株式会社 
取締役CIO
宮本昌明
MASAAKI MIYAMOTO

――アプリケーションの画面を見ると、イラストを多用し、機能や情報をそぎ落としたシンプルな印象です。UI/UXへのこだわりについてはいかがですか。

スマホの特性を活かした使いやすさや直感的な操作性は大前提として、使うこと自体がおしゃれと思えるようなデザイン性を大事にしています。5月に第1弾としてリリースした普通預金や入出金、貯蓄預金といったサービスも、普通預金を「Wallet」と呼び、財布感覚で使っていいお金だけをここに入れ、スマホ一つで日常的な決済が完了する。貯蓄預金の中に仮想の「Box」を作り、目的別にお金を貯め、指先一つで整理・整頓できるなど、お金との関係を楽しくフレンドリーに演出する仕掛けも工夫しています。

これまで銀行は、万人に受け入れられるサービスを提供してきました。よってアプリやサービス開発では「こんなことができる」「こんな機能もある」と足し算の議論がされることが多かったのが、今回は対象ユーザーに刺さる必要な機能、サービスを吟味する“引き算の議論”を大事にしています。

FFGさんでは「みんなの銀行」とは別に、16年、ネオバンクであるiBankマーケティングを設立されました。当社でもサポートさせていただき、今までの銀行サービスにないユーザー体験を目指しました。その方向性を受け継いで、さらにサービスの拡張性、可用性を上げるべく基盤をクラウドに置き、開発の自由度、堅牢性を担保すべくフルスクラッチの開発手法で作ったのが「みんなの銀行」です。

スマホ操作画面
Box機能を使えば、「将来買いたい物用の貯蓄」などカテゴリー別に自分でバーチャル口座を設定し、簡単に貯蓄ができる。
pagetop