鹿児島で進む「スマート農業」への取り組み 「ローカル5G」で農業の課題を解決 見えた可能性と、その先の未来図とは - 日経クロステックSpecial鹿児島で進む「スマート農業」への取り組み 「ローカル5G」で農業の課題を解決 見えた可能性と、その先の未来図とは - 日経クロステックSpecial

高齢化の進行、人口減少などによる人材不足や後継者難は、日本の農業が抱える大きな課題である。増え続ける耕作放棄地をはじめ、山積する問題をどうすれば解決できるのか――。そこで今、日本各地で進むのが、デジタル技術を活用したスマート農業の実証だ。その1つ「鹿児島お茶ローカル5Gプロジェクト」では、次世代通信「5G」とAI技術がもたらす可能性を追求している。プロジェクトの当事者に、取り組みの概要と現在までの成果を聞いた。

人手不足によって危機的状況に直面する日本の農業

農機の遠隔制御とドローンでローカル5Gを活用

通信の高速化で見えてきた、農業の新しい姿

5GとAI、富士通の強みを生かして取り組みを進めていく

お問い合わせ