日経クロステック
DXをもっと“高速回転”させる

Kubernetesを圧倒的に管理しやすくする
IDCフロンティアの「コンテナサービス」

開発環境での活用が広がっているコンテナを、本番環境でも活用できるようにするOSS「Kubernetes」は、クイックなサービスインを実現してくれる一方、管理運用が難しく導入のネックとなっている。そこで注目されているのが、マネージドサービスとしてKubernetesの管理運用を大幅に簡便化した、IDCフロンティアの「IDCFクラウド コンテナ」だ。

Kubernetesの課題
“使いにくさ”を解消したい

消費動向や市場環境の目まぐるしい変化とともに、企業が新サービスを投入する頻度と速度は高まっている。変化に対応したサービスをいち早く提供しないと、たちまち他の企業に市場を奪われてしまうからだ。

そこで、今や当たり前となりつつあるのが、サービス提供に向けたアプリケーション開発における「コンテナ」の活用である。仮想化技術を使った開発環境基盤の一つだが、従来の基盤に比べて起動や動作が速く、スピーディーにアプリを開発できることから、テック企業のみならず、一般企業のアプリ開発でも活用が広がっている。

ただし、コンテナは開発・テスト環境としては利用できるが、アプリを本番稼働させる環境としての活用は技術的に難しかった。Kubernetesはこの技術的な課題を解決してくれる画期的なソフトウエアとして注目されているが、管理運用が難しく、導入に足踏みをする企業が少なくない。

「Kubernetesは非常に高度で新しいOSSなので、これまでの管理や監視の手法は通用せず、まったく新しい手法をゼロから勉強しなければなりません。社内に対応できる人材がおらず、導入したくても導入できない、という声もよく耳にします」と語るのは、IDCフロンティア 営業本部 プロダクト企画部の藤城拓哉氏である。

藤城 拓哉氏
株式会社IDCフロンティア
営業本部 プロダクト企画部
藤城 拓哉

Kubernetesは定期的にバージョンアップを重ねるため、その都度、新しい管理の知識を学ばなければならないことも高いハードルとなっているようだ。

また最近は、開発するアプリやシステムに応じて、パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなどと、インフラを使い分ける企業も増えているが、それぞれのインフラ上でKubernetesを運用すると、一元的な管理や監視が難しくなるという課題もある。

「アプリのサービスインを早めるためにKubernetesを採用したはずが、管理に手を取られ、肝心のアプリ開発がおろそかになってしまうという矛盾が生じることもあるようです。実際、当社もアプリ開発にKubernetesを使用したことがあるのですが、様々な環境の冗長構成を考えた構築が必要で、監視項目をいくつも設定しなければならないなど、運用には非常に苦労しました」と藤城氏は振り返る。

Kubernetesの有効性はよく分かるが、もっと使いやすくならないものか――。

そう考えたIDCフロンティアは、Kubernetesの管理を格段に簡便化し、複数のインフラで運用されるKubernetesの管理を一元化できるサービスを開発した。それが、2021年5月にリリース予定の「IDCFクラウド コンテナ」だ。

#