日経クロステック
DXをもっと“高速回転”させる

Kubernetesを圧倒的に管理しやすくする
IDCフロンティアの「コンテナサービス」

使いやすさを重視したサービスで
余分な学習コストを抑えられる

IDCフロンティアは、データセンターやパブリッククラウド、プライベートクラウドなど、法人向けのITインフラサービスを提供しているソフトバンクのグループ企業だ。

同社が提供するこれらのインフラサービスは、安定性や信頼性の高さ、複数のインフラを柔軟かつ自在に組み合わせて運用できる点などが大きなメリットであるが、もう一つ、「使いやすさ」という優れた特徴を持っている。

「一般にITインフラ管理には面倒な設定が伴いますが、当社が提供するパブリッククラウドは非常にシンプルで簡単なUIを採用しており、さほど経験や知識がない人でも迷うことなく設定ができます」と説明するのは、同社 営業本部 プロダクト企画部の尾倉健太氏である。

IDCフロンティアが新たにリリースする「IDCFクラウド コンテナ」も、使いやすいUIをそのまま採用しており、最低限の知識で、すぐにKubernetesを管理できるようになるのが画期的なポイントの一つだ。

「既に当社のITインフラを利用しているお客様であれば、慣れ親しんだUIで簡単にKubernetesを管理できます。新たな知識を学ぶ必要がないので、余分な学習コストを抑えられるのもメリットです」(尾倉氏)

尾倉 健太氏
株式会社IDCフロンティア
営業本部 プロダクト企画部
尾倉 健太

ちなみに、このサービスは同社が提供するクラウドサービスのユーザー企業でなくても利用できるという。他社のパブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミス上で運用されているKubernetesであっても管理することが可能だ。

「最近では用途やセキュリティー上の理由などで、複数のITインフラを使い分けるのが当たり前になっていますが、『IDCFクラウド コンテナ』はどんなインフラでもご利用いただける設計になっています。Kubernetesを活用できずに悩んでおられるお客様の支援を目指して開発したサービスだからです」と語るのは、同社 営業推進部の清澤美菜氏である。

通常こうしたサービスは、提供するベンダーのインフラだけに適用されるものとしてロックインされることが多いが、IDCフロンティアはカスタマーサクセスを第一に考え、あえて“縛り”をなくしたのである。このように、顧客が使いたいインフラ環境を自由に選択し使えるようにすることが「IDCFクラウド コンテナ」の最大のコンセプト「Anyインフラ」(あらゆるインフラ)である。

これによって「IDCFクラウド コンテナ」のユーザーは、Kubernetesやコンテナの環境を、どのインフラにも自由に移動させることができる。パブリッククラウドで開発したアプリを、プライベートクラウドや自社のオンプレミス基盤に移して本番稼働させるといったことも可能になるのだ。

清澤 美菜氏
株式会社IDCフロンティア
営業本部 営業推進部
清澤 美菜

他社のクラウドやオンプレミス環境でも
一つの画面で管理可能

さらに特筆すべきなのは、他社のクラウドサービスやオンプレミス上のKubernetesであっても、使いやすいUIを備えた同サービスのコンソール(操作画面)によって、一元的に管理できる点である。

「Kubernetesを管理するサービスは、他のパブリッククラウドなどでも提供されていますが、ほとんどはそのクラウド上で運用されているKubernetesだけに対応したもので、他のクラウドやオンプレミス上のKubernetesまで一元的に管理できるサービスは見たことがありません。その意味でも、『Anyインフラ』に対応した当社のサービスは非常に画期的だと思います」と語るのは、同社 エンジニアリング本部 エンジニアリング部の酒巻宏典氏である。

酒巻 宏典氏
株式会社IDCフロンティア
エンジニアリング本部 エンジニアリング部
酒巻 宏典
IDCFクラウド コンテナ
「IDCFクラウド コンテナ」なら、他社のパブリッククラウドやオンプレミス上のKubernetesも、一つのクラウドコンソールで管理できる

今年5月のリリースに向けて、複数の企業に協力を仰いでαテスト(性能や使い勝手などを評価するためのテスト)を行ったところ、一元管理できる点や、簡単に操作できる点を高く評価する企業が多かったという。「マルチクラウドへのKubernetesの導入は難しいと思っていたが、これなら簡単に導入できそう」という声もあったそうだ。

また、「Anyインフラ」に対応しているので、インフラが自由に選択できるのが便利な点だが、同社が提供するクラウドサービスとセットで利用すれば、より最適な組み合わせとなることは言うまでもない。

IDCフロンティアは、セキュリティー性の高さが求められる自社サービスの開発・運用や、社内基盤の開発・運用に適したホスティッド型の「IDCF プライベートクラウド」を提供しており、その信頼性や安定性の高さ、オンプレミス環境を継承した構成や運用が可能な点には定評がある。

「様々なインフラを活用すると、どのサービスがどのインフラで動いているのかを捕捉しにくくなるものですが、プライベートクラウドなら動いているサービスの所在や範囲が確実に把握できるので、センシティブなデータを利用する自社サービスや社内基盤の開発・運用に適しています」と酒巻氏は語る。

IDCフロンティアの頼もしいプライベートクラウドサービスと、Kubernetesの活用を便利にする「IDCFクラウド コンテナ」を併用すれば、変化の激しいビジネス環境の中でも、他社に先んじたサービスを次々とリリースして競争を勝ち抜いていくことができそうだ。

IDCFlontier
株式会社IDCフロンティア
https://www.idcf.jp
#