日経クロステック Special

なぜ業務プロセス改革
取り組むべきなのか

桔梗原 富夫 氏

日経BP 総合研究所
フェロー
桔梗原 富夫

いま業務プロセス改革に取り組む必要性が声高に叫ばれています。それはどのような理由からですか。

桔梗原業務プロセス改革の必要性が広く認識されるようになったのは、新型コロナウイルス禍によって在宅勤務・テレワークを実施したことがきっかけです。一気に書類のデジタル化、ペーパーレス化が進みました。すると、従来の紙を前提とした非効率な業務プロセスを改めて全般的に見直すべきだと考えるようになりました。つまり、コロナ禍がいわばけがの功名となり、業務プロセス改革を推進するチャンスが到来したのです。

中山桔梗原氏が言われたように、多くの企業はコロナ禍のなか、これまでのように大きなIT投資をしなくても業務をデジタル化できることに気がつきました。例えばRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を使えば、人手で行っていたアナログ作業のデジタル化を意外と簡単に実現できます。ただし、それはスタートラインに立っただけにすぎません。業務プロセスというのは前後にある組織や人、既存システムにまたがるものであり、その先には顧客もいます。最終的には顧客に自社の価値を素早く提供するためにも、業務プロセス改革に取り組んでいく必要があるのです。

ローコード開発基盤
注目される理由と課題

そうした業務プロセス改革を実現していくためのソリューションとして、ローコード開発基盤が注目を集めています。

桔梗原業務の現場が業務プロセス改革を実現する新しいアプリケーションを構築しようとIT部門に依頼しても、開発に時間がかかって待たされることが大きな課題です。IT部門は外部のシステムインテグレーターに委託して開発することが多く、新しいアプリケーションが出来上がるまでに時間もコストもかかります。それがたとえちょっとした業務改善のためのアプリケーションだったとしても、非常に大掛かりになりがちです。

そうしたなかRPAが登場し、業務の現場でも自分たちで作業をある程度、簡単に自動化できることがわかりました。しかしRPAには限界もあり、定型的な個人作業には適しているものの、複数の組織や人にまたがるような業務改革のためのシステム開発には向きません。そこで注目されるようになったのがローコード開発基盤です。

中山私たちがIT部門と日々接するなかで実感しているのは、IT部門も業務の現場で進められているDX推進の役に立ちたいと考えるように変わり始めていることです。すべてを業務の現場任せにすると、単なるアナログ作業のデジタル化で止まってしまい、DXの実現という目的には到達しません。経営層がコミットするDXを実現するには、やはりIT部門がきちんと関与する必要があります。それを踏まえたうえで、現場で必要なアプリケーションを素早く開発し、価値提供できるローコード開発基盤が有効だと考えます。

中山 義人 氏

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート
代表取締役社長 執行役員
中山 義人

ローコード開発基盤にはさまざまなツールが存在しますが、それらにはどのような課題がありますか。

桔梗原業務の現場で開発されたアプリケーションが、どのような用途で使われ、どのようにメンテナンスされているのか、全社のITガバナンスが効いていないところに課題があります。ITガバナンスやセキュリティー対策についての考慮が欠けた“野良アプリ”を増殖してしまうようなローコード開発基盤では困ります。

中山ひと口にローコード開発基盤と言っても、さまざまなソリューションがあります。現場開発・現場利用に特化したソリューションの場合、機能不足により全社展開に拡張できないものがあります。一方、全社展開も可能なソリューションは、機能は充実しているものの、非常に高額で部門利用のスモールスタートには向きません。つまり、業務の現場からのスモールスタートが可能でありながら段階的に全社展開できるという“ちょうど良いソリューション”が見つからないことに課題がありました。

桔梗原 富夫 氏 中山 義人 氏

現場からスタートして
全社レベルへ拡張できる
Accel-Mart Quick

これまでのローコード開発基盤の課題を解決するソリューションとして、NTTデータ イントラマートは「Accel-Mart Quick」をリリースしました。これはどのようなソリューションですか。

中山NTTデータ イントラマートはこれまで、大規模利用向けのクラウドサービス「Accel-Mart Plus」を提供してきました。今回リリースした「Accel-Mart Quick」は、業務の現場がスモールスタートで業務改善・デジタル化を始め、企業のDX化の進展に合わせて効果を出しながら拡張していくことのできる新しいクラウドサービスです。

業務プロセス改革を成功させるには、「現場主導で導入でき、チームレベルですぐに効果を出せること」「現場主導の小さな成功を、素早く全社レベルへ広げること」が求められますが、それらの要素をすべて包含しているのがAccel-Martです。その中で、Accel-Mart Quickは機能面やコスト面を含め、現場主導での業務改善や業務アプリケーション開発が可能なクラウドサービスとして提供しています。

Accel-Mart Quickでは、標準で用意されたアプリケーションテンプレートを選択し、設定を行うだけで業務アプリケーションを自動的に生成することが可能です。さらに作成したアプリケーションを運用しながらアジャイルに機能を追加し、アプリケーションを高度化していきます。現場主導で作成したアプリケーションを全社展開して高度利用する場合には、Accel-Mart Quick からAccel-Mart Plus へ移行するだけです。これまでに作成したアプリケーション資産を無駄にすることはありません。また、既存の業務システムや外部のクラウドサービスと容易に連携させることも可能です。最近では各種RPA製品や電子サインと連携して業務プロセス全般を自動化したり、販売管理などの基幹システムを開発したりするケースも増えてきました。重くなった表計算ソフトの代替というレベルではありません。

桔梗原IT部門の立場からすると、業務アプリケーションの開発を効率化・自動化することは長年の夢でした。古くはCASEツールあるいは高速開発ツールと呼ばれるソリューションもありましたが、いずれも業務の現場で使えるようなものではありませんでした。それがAccel-Mart Quickのようなサービスの登場によって、時代が大きく変わったのだということをIT部門に理解してほしいと思います。

すでに多くの業務アプリケーションがSaaS型のクラウドサービスで登場し、業務の現場では自分たちでそういうツールを簡単に導入できるという意識に変わっています。それと同じように、業務アプリケーションを自分たちがローコードで開発できることを示すためにも、Accel-Mart Quickは非常に意義のあるソリューションだと思います。

Accel-Mart Quickは素早く簡単にローコード開発を実現できるものですが、どのようにそれらを進めていけばよいのかわからないという企業もあります。そうした企業に対しては、NTTデータ イントラマートはどのようなソリューションを提供していますか。

中山NTTデータ イントラマートでは、DX業務改革を実現するメソドロジーとして「IM-QuickActivate」を提供しています。これはDX人材の育成やリスキルから始まり、企業自身が業務プロセス改革を実現するための手法をまとめたものです。この中には、ローコード開発を企業プラットフォームとして定着させるための各種規約やルール、成果物のひな型などが含まれています。

このメソドロジーはNTTデータ イントラマートが長年にわたって取り組んできた内製開発支援コンサルティングの実績をもとに、知見を体系化したものです。「ローコード開発による素早い価値提供と継続的な変化対応」は単なるツール導入では実現しません。これら標準手法の整備が成功のカギになります。

桔梗原せっかくローコード開発基盤を導入してアプリケーションを開発しても、業務の変化に合わせて継続的に改善を繰り返さなければ、いずれはレガシーシステムになりかねません。そうならないためにも、すでに実績のあるメソドロジーによる裏づけがあれば安心できます。そうした意味でも、Accel-Mart Quickの導入と一緒にNTTデータ イントラマートのメソドロジーをぜひ上手に活用したいものです。

新プランAccel-Mart Quick登場 キャンペーン実施中 今なら月額770円から、自社でローコード開発 詳細を見る

エヌ・ティ・ティ・データ・
イントラマート

東京都港区赤坂四丁目15番1号
赤坂ガーデンシティ5階

https://www.intra-mart.jp/