DX推進に向けては、業務の全面的なデジタライゼーションが前提となる。日々、社員がデジタルの恩恵に浴することで、業務の現場がデジタル視点で新たなサービスの着想を得られるようになるからだ。日本ビジネスシステムズ(JBS)は、この現場主導による「内製化」こそがDXの神髄だと提唱する。経営者はデジタルの利点を正しく理解し、自ら積極的に活用して、強い決意と信念で全社のデジタライゼーションを推進していく必要があるという。DX推進に向けては、業務の全面的なデジタライゼーションが前提となる。日々、社員がデジタルの恩恵に浴することで、業務の現場がデジタル視点で新たなサービスの着想を得られるようになるからだ。日本ビジネスシステムズ(JBS)は、この現場主導による「内製化」こそがDXの神髄だと提唱する。経営者はデジタルの利点を正しく理解し、自ら積極的に活用して、強い決意と信念で全社のデジタライゼーションを推進していく必要があるという。

DX推進に向けては、業務の全面的なデジタライゼーションが前提となる。日々、社員がデジタルの恩恵に浴することで、業務の現場がデジタル視点で新たなサービスの着想を得られるようになるからだ。日本ビジネスシステムズ(JBS)は、この現場主導による「内製化」こそがDXの神髄だと提唱する。経営者はデジタルの利点を正しく理解し、自ら積極的に活用して、強い決意と信念で全社のデジタライゼーションを推進していく必要があるという。

DXの遅れを取り戻すために
必要な3つのステップ

事業部門自らがデジタルを活用し
サービス開発に取り組める時代

アジャイル開発を共に進め
顧客の内製化を後押しする