設計事務所の新たな一手「開発プロデュース」(久米開発プロデュース)

構想力やネットワーク生かし、新業態を開発

―「開発プロデュース」という新しい業態は、社会が抱えるどういう課題に応えようとするものなのですか。

山田 自治体にしてもデベロッパー以外の民間企業にしても、開発事業に乗り出そうとするとき、頼れる相談相手が社内外にいないことが少なくありません。その結果、最適な判断を下せているのか、疑問です。

 背景の1つは人材不足です。事業手法、収益性、コスト、法規など、開発事業を進めるうえで不可欠なノウハウを熟知した人材を、多くの組織はいま内部に抱えなくなっています。

 もう1つはネットワークの弱さです。開発事業を成功に導くには、デベロッパー、投資家、商業・ホテルのオペレーターなど、多様なプレイヤーとの連携が欠かせません。しかし一般には、その関係性を築く機会は限られます。

山田 幸夫 氏 株式会社 久米開発プロデュース 代表取締役社長

顧客のリソース不足をカバーし開発事業への取り組みを支援

 こうした顧客のリソース不足をカバーし、開発事業への取り組みを支援していくことを第一に考えています。

 また私たちは、組織設計事務所の立場で幅広く強固なネットワークを築いてきました。このネットワークを通じて、土地売買や事業参画の機会をうかがう企業の情報が入ってきます。その情報を生かし、開発事業として成就させることでも、社会に貢献していきます。

―そうした役割は組織設計事務所の立場でこれまでも果たしてきたのではないですか。

山田 そうとも言えますが、本質的には異なるものと考えています。

 設計事務所はあくまで建築設計業務が本業です。開発プロデュースはそこに至るまでの特化した事業企画としてのサービスです。設計事務所の社員だけで対応するのは、自ずと限界が生じます。また事業主体の要望や意見を聞き入れ、施設の資金調達やテナントイメージまでセットした設計条件を準備することも困難です。

 開発プロデュースはこうした事業者サイドの業務として受託します。そこには当然、責任が生じます。事業主体の立場に寄り添い、目標の達成に向け、最適な方法や具体的なチームを提案・紹介することが可能です。久米設計グループのリソースだけに頼ることなく、最適・最強のプロジェクト体制を早い段階で構築していきます。

名古屋では他の開発者とも連携。魅力的なまちづくりのプロデュースを目指す

―昨年10月の会社設立からほぼ1年。業務受託の実績はすでにいくつも出始めているそうですね。

山田 はい。国内外ですでに10数件の案件を受託して進行中です。

 例えば名古屋の中心部である栄では、開発事業を検討中の民間企業からプロデュースを受託しました。この地区で新しく開発されようとしている大型開発は、下層にオフィスや商業施設を、上層に高級ホテルを組み合わせたものが多く、同じような用途で魅力を欠くばかりか競合さえも招きます。この栄地区には久米設計がコンサル業務を進めているビルが既に2つあるため、これらの3区域と他の区域の開発者に声がけして連携・調整し、栄地区全体の魅力的なタウンマネジメントのプロデュースに貢献していきたい、と考えています。

 首都圏近郊では、三浦半島のブランディング化を支援していますが、神奈川県の某漁業組合と自治体からの依頼で漁港を活用した地域の活性化の開発プロデュースに着手しました。その地域では、「海」というリソースを観光資源として生かし切れていません。漁業者の減少で漁船は減少傾向にあり、一方ではマリーナ不足でプレジャーボートの減少傾向も加速しています。そこで、漁港を有効に活用しながら、簡易なヨットハーバーやホテル、シーフードレストランなども併設し、雇用も創出する「漁港」を生かしたまちづくりの事業計画を描いている段階です。

―久米開発プロデュースとしての強みはどこにありますか。

山田 1つは、構想力です。建築設計者として長年育まれた能力です。思いもよらない付加価値を生み出すというDNAを生かしたいと考えています。

名古屋市 栄地区 タウンマネジメント・イメージ
名古屋市 栄地区 タウンマネジメント・イメージ
漁港だけでなく、周りのエリアまで取り込んだプロデュースで地域活性化を支援
漁港だけでなく、周りのエリアまで取り込んだプロデュースで地域活性化を支援

強みの1つは、ネットワーク設計事務所とも関係構築へ

 もう1つは、冒頭にも申し上げたような幅広く強固なネットワークです。デベロッパー、インベスター、ホテルや学校や医療法人、建設会社そして設計事務所やコンサルなど適宜事業者に紹介し、プロジェクトへの参画を組成できます。

―久米開発プロデュースの立ち上げと事業展開を通して、建築界には何を訴えたいですか。

山田 設計事務所はこれまで建築設計の前段階に当たる企画立案や構想策定などのもっとも価値のある業務を、営業活動の一環として無償でやることもありました。しかしそれは、サービスであるため設計業務を受注できない限り、責任や継続性は不明のままアイデアやソリューションは生かされません。

 加えて、自治体からの依頼でそうした業務を受託すると、設計業務を受注できなくなることさえあります。企画~構想~事業構築~設計~建設への一貫したシステムが確立していないのが実態です。

 現実的なアイデアやネットワークを生かした事業性の高い建築や都市づくりに超川上から参画できる社会が望まれます。そのためにも、設計事務所へと継ぐ役割として、開発プロデュースという新しい業態をしっかり確立させていきたいですね。

プロデュース業務の流れ
■お問い合わせ
Kume Development Produce
株式会社 久米開発プロデュース
〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル
Tel. 03-6804-1797