Lenovo

Lenovo ニューノーマル時代に加速するハイブリッドワークへの潮流

Hybrid work
レノボ・ジャパン合同会社 元嶋 亮太・原 麗

PCなどのデバイスベンダーとして知られているレノボは、法人向けビジネスではソリューションパートナーとしての変革を進めています。お客様のビジネス課題に向き合い、ハイブリッドワークを始めとした働き方改革の実現を支援するためのソリューションを提案しているのです。これから来る「ハイブリッドワーク時代」に対応し、新しい価値を企業が生み出すための一助として、レノボのデバイスとサービスが支援します。

 コロナ禍は働き方に大きな変化をもたらし、リモートワークが定着してきています。今後、コロナ禍が収束したとしても、社員全員がオフィスで働くというスタイルは戻ってこない可能性が高くなっています。さらに今後は、必要に応じて出社したり、サテライトオフィスで集中する時間を作ったりといった多様な働き方が併存していくでしょう。それが「ハイブリッドワーク」と呼ばれる働き方です。

 デバイスベンダーとして知られているレノボは、ハイブリッドワークを中心とした今後の新しい働き方を、デバイスのみならず各種サポートやソフトウェアも含めたサービスで支援する取り組みに力を入れています。「Lenovo ハイブリッドワーク・ソリューション」もその一つです。

サービスが顧客の変革をリードする
デバイス専業ベンダーからの脱却

上村 省吾

上村 省吾

レノボ・ジャパン合同会社

サービスセールス事業部長
執行役員

 レノボというと、ハードウェアのイメージが強いかもしれません。レノボ・ジャパンの執行役員でサービスセールス事業部長の上村省吾氏は、そうしたイメージを受け止めつつ、新しいレノボの姿についてこう語ります。

 「これまでレノボはPCやサーバー、スマートフォンなど幅広くデバイスを提供し、デバイスベンダーとしての認知は進んでいると感じています。一方で、デバイスを提供するだけでなく、デバイスを納入した企業や団体にソリューションを提供する取り組みを2020年から本格的に強化しています。自社開発のものだけでなく、社外のソフトウェアを組み合わせ、お客様にトータルソリューションを提供しています」

 レノボは、デバイスの販売や保守にとどまらず、お客様の困りごとを解決する役割を担おうと考えています。

 「レノボはデバイスを国内で開発、製造していて、故障修理や運用保守に対してもしっかりとした体制があります。これらの機能を上手に組み合わせることで、お客様のIT部門やエンドユーザーがITにかける手間を減らし、その分の労力をDXなどのコアビジネスに使っていただきたいと考えています」(上村氏)

 デバイス販売だけでなくハイブリッドワークへの変革をトータルソリューションで支援する方向へと進んでいるのです。

 こうしたレノボの変革を象徴するキーワードが「サービス主導の変革(Service-led Transformation)」です。PCなどのハードウェア製品を通してお客様のニーズに応えるだけではなく、各種のサービスやソリューションで、お客様の変革を支援するという意味です。2021年4月から、このキーワードを掲げてソリューションビジネスへの注力を進めています。

ミッシングピースがない
トータルソリューションを提供

 レノボはどのようなサービス、ソリューションを提供しているのでしょうか。イメージしやすいのが、レノボが提供するデバイスを現場で円滑に運用するためのソリューションです。

 PCなどのデバイスは、導入に際しての計画から、実際の導入、運用、そして破棄に至るまで、ライフサイクルを通じて管理をしていかなければなりません。レノボでは、「ライフサイクルサポート」として、計画、導入からリサイクルまでの各種サポートにサービスメニューを用意して、お客様のIT環境を支えるような準備を整えています。

 また、レノボのポートフォリオに、パートナー企業の業界および技術的専門領域を補完的に加えることで、より強化したトータルソリューションの提供が可能です。お客様が求めるソリューションに、ミッシングピースがない全方位的なソリューションの提供が可能な体制を整えています。

 エンゲージメントモデルの視点から、レノボのソリューションとして世界的に力を入れているのが「DaaS(Device as a Service)」です。ハードウェアだけでなくソフトウェアやサービスも含めて、サブスクリプション型サービスとして提供します。

 「単に購入を割賦にするだけではなく、従業員の業務に応じた多様なプロファイルのデバイスを提供し、利用期間中の運用管理をサポートし、一定の割合の中で業務の状況に応じた柔軟な利用の拡大縮小にも対応します」(上村氏)

 マーケティングを担当するマーケティング統括本部マネージャーの原 麗(はら・みちる)氏は実際の導入例を紹介します。

 「全国にセレクトショップを展開するとある企業様は、様々な場所で働くスタッフの働き方に合わせて、持ち運びに適したThinkPadや、外付けディスプレイとして利用するThinkVision、また周辺機器まで含めてDaasでご契約いただき、柔軟に活用いただいています」

 レノボはハードウェアのDaaSだけでなく、Microsoft 365などのソフトウェアも組み合わせたSaaS(Software as a Service)の提供も行っています。こうした幅広いサービスの提供は、「お客様の課題を解決するためにミッシングピースを作りたくない」(上村氏)という強い思いの表れです。

図1 ハイブリッドワークの実現をサポートするレノボの提案領域

レノボ・ジャパンは「生産性を高める」「コラボレーションを加速する」「運用管理の柔軟性を上げる」ことを支援し、働き方の選択肢を広げ、IT担当者の負担軽減に寄与する取り組みに注力している

Lenovo ハイブリッドワーク・ソリューションとは?

ハイブリッドワークの課題に
デバイスベンダーの強みを生かし対応

 レノボのサービス&ソリューションには、レノボがハードウェアを提供するベンダーだからこそというものもあります。その1つが、「LDI(Lenovo Device Intelligence)」です。

 「レノボはデバイス管理に力を入れていて、LDIはその1つのソリューションです。予防検知、予防保守を実現するもので、PCが自己診断をした結果をお客様の設定の範囲でサポートセンターにレポートを上げます。これには『ハードディスクの調子が悪い』『OSの不調でメモリーリークが起きている』といったことが含まれ、ユーザーに影響が発生する前に予測して解決できるようにします」(上村氏)

 IT管理者が直接的に多くのデバイスをモニタリングすることなく、必要に応じてコンソールで一括してデバイス管理ができるのです。

 PCなどのデバイスが故障してから修理するという従来の保守運用スタイルでは、リモートワークの従業員の自宅にあるPCの故障に迅速に対応できません。LDIにより極力トラブルを事前に予測して前もって対応できれば、ハイブリッドワークにおけるトラブル対応がスムーズになります。

 もう1つ特筆すべきなのは「CFS(Customer Fulfillment Service)Room」です。これは全世界に約20カ所ある施設で、PCを顧客使用にカスタマイズして出荷するキッティングを担います。日本では2021年に群馬事業場内に設けられ、多様な顧客ニーズに対応した初期設定での出荷をタイムリーに実現します。

 上村氏は、「お客様のエンドユーザーがPCを手にしたとき、ユーザーの手元で余計な設定やソフトウェアのダウンロードなどをせずに、すぐに自分の業務が始められるようにするためのサービスでWindows Autopilotなどにも対応しています」とCFSの意義を説明します。レノボのソリューションが、IT部門の業務効率化を支えるだけでなく、エンドユーザーの業務のスムーズな遂行をも支えることがわかります。

 「リモートワークが一般化した現在では、在宅勤務先などへの個別の配送まで対応しています。群馬事業場ではCustom Fulfillment Serviceの面積を倍増して、これまで以上のキッティング需要に対応できるように対策しています」(上村氏)

 トータルソリューションとして新しい働き方に対応するためには、セキュリティーも避けて通れません。レノボでは、外部ソリューションとして自律型AIエンドポイントセキュリティーを提供する「SentinelOne」、クライアント端末上にセキュアな仮想コンテナを構築する「BUFFERZONE」などを用意して、全方位のセキュリティーを確保できるように準備しています。また、「SoC(Security Operation Center)」で、エンドポイントセキュリティーなどからのアラートに対する分析と対策を行う体制を整えています。

図2 ハイブリッドワークを支えるレノボの製品群

レノボはあらゆるビジネスニーズに応えるインテル® vPro® プラットフォームを搭載した、ThinkPadシリーズをはじめとした多様なハードウェア製品を含め、豊富なサポートとサービスをソリューションとして提供し、主流化するハイブリッドワークへの支援を進化させている

ハイブリッドワークを支えるレノボの製品群

働き方改革を多方面から支援 
顧客の全社的な変革を目指す

原 麗

原 麗

レノボ・ジャパン合同会社

マーケティング統括本部
サービス&ソリューション マーケティング マネージャー

 レノボは働き方の新しい時代に挑戦するお客様の変革を支えるためのソリューションを拡充し、ITご担当者と伴走するソリューションパートナーとして成長していく意欲を見せています。原氏は、レノボが定義する「ソリューション」をこう説明します。

 「働き方改革には環境、文化、制度の3要素の変革が必要だと考えています。ここまで紹介したように、デバイスやITインフラを中心とした環境の部分のソリューションについてレノボが注力していることはわかりやすい点でしょう。それ以外にも、働き方改革には、企業文化や人事労務制度の変革が必要です。こうしたIT外での分野についても、自社での取り組みをご紹介しながらお客様の疑問と向き合っていく。そのような姿勢をレノボとして大切にしています」

レノボのハードウェア製品に直結しないソリューション提供も始まっています。

 「国内のあるお客様では、フレキシブルワークの一環として2フロアのシェアードオフィスを構築しました。出社した社員の方がスムーズに利用するスペースを見つけるために、人感センサーやスマートフォンアプリを提供して、混雑状況を可視化できるようにしました。これもレノボの提案したソリューションです」(上村氏)

 PCやサーバーといった製品のカテゴリーに関係がなくても、お客様の課題を解決するために持つ力を最大限に発揮するのがレノボのトータルソリューションのようです。

 レノボが提供するソフトウェアを始めとしたソリューションは、同社内では「スマートフリートサービス」という概念で語られています。フリートとは艦隊のこと。これまでの1台1台のPCなどのデバイスに対するサービスの提供ではなく、お客様全体を「艦隊」と見立てて生産性を高める答えを見つけていこうという考え方です。PCベンダーからビジネスをサポートするソリューションパートナーへ━━。そうしたレノボ自身の変革を通じて、ユーザー企業の変革にも影響を与えていきそうです。

多様な働き方を実現する「ハイブリッドワーク」は、
企業とそこで働く人々が生き生きと活躍できる基盤になる。

もっと詳しく「ハイブリッドワーク」と「Lenovoハイブリッドワーク・ソリューション」を構成する
製品やサービスを知るためのPDFカタログを配布中。

資料ダウンロードはこちらから!

Lenovo ハイブリッドワーク・ソリューション お問い合わせ

lhws@lenovo.com

資料ダウンロード「ハイブリッドワーク環境ガイド」

レノボ・ジャパン合同会社

〒101-0021
東京都千代田区外神田四丁目14番1号 秋葉原UDX