コロナ後に、世界中のビジネスが一気に動き出す。激しい競争の中で、日本の中小企業がいかに勝ち抜いていくか。重要なポイントは、中小企業だからこそ社員一丸となって機動力を活かし、チャンスを広げていくことだ。また、持続的に成長するためには人材確保も必要となる。マイクロソフトが提唱する“ハイブリッドワーク”は、中小企業における社員1人1人の生産性向上を図るとともに人材不足を解消する。最新OS Windows 11 の開発テーマもハイブリッドワークだ。新しい働き方が、新しい時代を生きる中小企業の可能性を開く。

リモートワークは市民権を獲得したが…
日本で職場回帰が進む要因とは

働き方は、社員1人1人の生産性や創造性に大きく関わる。コロナ禍を経て働き方はどう変化したのだろうか。Windows 11 とコラボレーションツール Microsoft Teams (以下、Teams) のマーケティングを担当する日本マイクロソフトの春日井良隆氏は、「緊急事態宣言下における在宅勤務でリモートワークという働き方が市民権を獲得したと感じています」と話し、こう続ける。

「コロナ以前は、ミーティングは対面が基本でした。マイクロソフトの社員の間では、Web会議は浸透していましたが、それでも、お客様との打ち合わせで使うのは失礼にあたると考えていました。ただ、お客様も在宅勤務になって、Web会議にせざるを得なくなり、実際に使ってみたら移動時間もないし、使えるねという雰囲気になり、そんな失礼感は薄れたと感じています。会社によっては若手やベテランの意識の違いも薄れたかも知れませんね。ニューノーマルにおいては、オンラインで会議をすることは当たり前になると思います」

日本マイクロソフト株式会社
モダンワーク&セキュリティビジネス本部
エグゼクティブ プロダクト マーケティング
マネージャー
春日井 良隆 氏

しかし、新型コロナウイルス感染症対策と経済の両立を目指す段階となり、日本では職場回帰への動きが顕著になっている。在宅勤務やリモートワークを継続する欧米とは対照的だ。「企業文化や勤務体系、働く人の都市圏集中など日本独特の事情もあるのだと思います」と春日井氏は話し、こう指摘する。

リモートワークのメリットの1つは、移動の負担を軽減できることだ。在宅勤務なら移動がゼロで通勤ラッシュのストレスからも解放される。また、働く時間と場所の制約がなくなるため、多様な働き方が可能だ。子育てや介護など個人の生活上の理由から退職する必要もなくなる。さらに、Web会議は物理的に離れた複数の人との間でスケジュール調整が容易に行えるため、意思決定のスピードも速くなる。メリットの一方で、社員同士のつながりが希薄になるというデメリットもある。春日井氏は、「人間同士のコミュニケーションでは、顔を合わせて相手の表情や雰囲気を感じながら会話する“対面”がベストであることは、コロナ禍の前後で変わりはありません」と話す。

多様な働き方で人材不足を解消
中小企業こそハイブリッドワークを導入すべき理由

大事なのは、リモートか対面かといった二者択一ではなく、リモートも対面も必要に応じて使い分けるといった発想だ。マイクロソフトが提唱するニューノーマル時代の新しい働き方「ハイブリッドワーク」は、場所の制約から働く人を解放し、必要に応じて様々なコミュニケーションを使って多様な働き方を実現する。対面してコミュニケーションを深め、リモートワークで生産性を向上し、住まいも都心に限らず好きな場所で、仕事と生活のバランスのとれたライフスタイルを送る。中小企業や地域の企業にとって、重要なポイントはハイブリッドワークが人材確保につながるという点だ。

「中小企業の中でも、特にスタートアップでは、ハイブリッドワークのように場所に縛られない働き方を実践し、優れた人材を確保する動きを見せています。ハイブリッドワークなら全国はもとより海外の人材も活用できることから、人手不足を解消する手段が広がります。地域の企業も、地元に人材がいないとの心配も無用です。こうした働き方の多様化は、若い人材の獲得や維持にもつながります」

ハイブリッドワークは、働く場所の制約から働く人を解放することで多様な働き方を実現する

Windows 11 の開発テーマはハイブリッドワーク
5つのポイントで多様な働き方のニーズに応える

場所の制約を受けない働き方の実現では、いつでもどこでも快適に仕事ができるノートPCの存在がより重要となる。最新 Windows OS の Windows 11 は、ハイブリッドワークを前提としてOSはどうあるべきかを重要なテーマに開発していると春日井氏は話し、5つのポイントを挙げた。

ハイブリッドワークを支える Windows 11 の5つのポイント

1.生産性

Windows 11 では、利用者の視点から生産性を高めるための工夫が隅々まで行き渡っている。タッチ、ペンに加え、音声入力の精度を高めたボイスなどナチュラルな操作性を向上。日本語の認識力もかなり高い。また、天気やカレンダー、to DOなど常に確認したい情報をパーソナライズして画面上に表示しておくことができるウィジェットも便利だ。さらに高速&安全なWebブラウザ「Microsoft Edge」では画面キャプチャの標準搭載など使い勝手の機能を強化した。

2.コラボレーション

Teams が Windows 11 のUI(ユーザーインターフェース)に最初から組み込まれており、タスクバーから Teams をクリックすると、チャットやWeb会議などが簡単に開始できる。アプリケーションを立ち上げることなく、日常業務の中でより円滑かつ効率的にコミュニケーションを行うことが可能となる。ただし、組み込まれているのは個人用のTeamsで、業務用のTeamsは、引き続きアプリかブラウザから利用する必要がある。

3.一貫性

Windows 10 上で動いていたアプリケーションを Windows 11 でも利用できる互換性を実現。また互換性に問題があった場合は、互換性を支援するApp Assure プログラムを利用するなど問題の解決を図ることができる。

4.安全性

セキュリティの観点では、Windows 11 におけるTPM2.0の実装が注目を集めている。TPM(Trusted Platform Module)は、暗号化キーなどの機密データをハードウェア内で保護し、マルウェアや攻撃者からのアクセスや改ざんを防ぐ。また Windows 11 は、パスワードを使わず、Windows Hello による生体認証によるアプリやサービスへのサインインが可能だ。

「ハイブリッドワークは、働く人を場所の制約から解放する一方で、サイバー攻撃のリスクも高くなります。TPM2.0や生体認証により、常に認証されたデバイスとユーザーのみがネットワークにアクセスできる環境を構築することで、誰もが安心してコラボレーションやリモートワークを行えます」(春日井氏)

5.選択肢

CPUなどを開発しているハードウェアメーカーと連携し機能強化を図るとともに、世界中のOEMメーカーとの Windows エコシステムの構築による豊富な選択肢は、Windows PC の大きなアドバンテージだ。また日本マイクロソフトが推奨する「モダンPC」は、ハイブリッドワークに適したPC選択における指標の1つになる。

「モダンPCは、生産性、安全性、高速起動、軽量・薄型、携帯性、省電力、デザイン性などに加え、マイクやスピーカーなどWeb会議を快適に行うための機能を網羅する、『今』求められるPCのコンセプトです。ハイブリッドワークでは、従業員の満足度を高めるためにも、従業員1人1人に適したデバイスの選択が重要なポイントとなります」(春日井氏)

クラウドベースの運用、管理、サポートで
情報システム専任者がいなくてもデバイス管理が容易に

社内のデバイスに比べ、社外に持ち出すデバイスの運用管理は複雑となるため、情報システム専任者がいない中小企業には大きな負担となる。Windows 11 はクラウドベースの導入、管理、サポートにより、デバイス運用管理の負荷を軽減できると春日井氏は強調する。

「インターネットを介して、その組織の初期設定を自動設定できる Windows Autopilot を活用したキッティングサービスが、様々なパートナーから提供されています。このサービスを利用することで、各種設定、ソフトウェアのインストールなどの手間もなく、ユーザーは電源を入れるだけですぐに利用できます。また Endpoint Manager により、Windows PC だけでなくスマートフォンの管理も可能となり、たとえば、社員がデバイスを紛失した場合にリモートからハードウェア内のデータを消去できます」

日本マイクロソフトでは、中小企業のIT活用に向けたサポートに力を入れていると春日井氏は話す。「リモートワークやハイブリッドワークに関して電話による無料相談『日本全国 中堅・中小企業 ITよろず相談』は、最初の一歩として気軽にご利用いただけます。日本マイクロソフトの中小企業向けの活動はパートナーの協力のもとで行われており、今後もパートナーと密に連携し中小企業を支援する体制の強化を図っていきます」。

企業の規模を問わず、中小企業にとってもニューノーマル時代を生き残るためにデジタルを経営の中に採り入れることが必要となる。また紙ベースの業務プロセスでは、変化のスピードへの対応も困難だ。さらにサプライチェーン最適化の観点で大手企業との取り引きの中で、今後中小企業にもデジタル化がより求められる。

リモートワークやハイブリッドワークに関して難しいものだといった先入観を持たずに、まずはやってみることが大切だ。春日井氏はこう続ける。

「ハイブリッドワークでデジタル化への一歩を踏み出すことで、ビジネスチャンスは大きく広がります。多様な働き方により人材不足の解消につながる点は、中小企業にとって大きなメリット。チャレンジする中小企業に、Windows 11 はビジネスの新たな道を開きます」