教育とICT OnlineSpecial

実技教育を重視する「ものつくり大学」

学生1人1台の高性能PC採用で
産業界が求めるテクノロジストを育成

これまでの理工科系大学とは発想を変え、実技を重視し、知識と技術を兼ね備えた人材の育成を目指す「ものつくり大学」。日本の産業を支えるテクノロジスト(技能の分かる技術者)の育成に努め、2001年の開学以来、平均96%という高い就職率を維持している。最先端の技能と知識を習得するユニークな同学の取り組みと、今年度から学生用PCとして1人1台マウスコンピューターの「G-Tune P5」を採用した狙いについて話を聞いた。

高度な技能を養う「ものつくり大学」
実践に適したICT環境を整備

「ものつくり大学スターリングエンジンプロジェクト」のチーム室。1年生3名が1人1台のマウスコンピューター「G-Tune P5」を活用してエンジンの設計・製作に取り組む

 2001年に開学した「ものつくり大学」は、理論と実技を融合したカリキュラムと少人数教育により、実践的な力を育む4年生工科系大学である。技能工芸学部の2学科(総合機械学科・建設学科)と大学院の1研究科(ものつくり学研究科)で構成されている。

 国や産業界からの要請を背景に設立された同学の目的は、理論だけではなく高度な技能を併せ持つテクノロジスト(技能の分かる技術者)の育成にある。そのため、従来の学理を重視する工科系大学とは異なり、講義と実技の比率が約4:6となっており、教員1人当たりの指導学生数も8人と、全国屈指の少人数教育を実現している。

 実践的なインターンシップ制度を設けている点も特徴的である。2年次と4年次に約40日間(最長80日)という長期間、企業でさまざまなことを学ぶ。受け入れ企業もこれまで延べ6000社を超え、機械から建設などの先進分野から宮大工といった伝統的分野まで多岐にわたっている。

 このように実践を重視する幅広い教育の成果が創立以来の就職率平均96%以上という数字につながっている。

松本 宏行 氏 ものつくり大学 技能工芸学部 総合機械学科 教授
松本 宏行

 もちろん、学生の技能を磨くための先進的な教育環境の整備にも力を入れている。小型の3Dプリンタを1人1台揃え、ロボット、マイクロマシン、先端機器を製作する加工設備、溶接設備、実験設備、最新のソフトウェアなど、最先端の教育設備が充実している。

 技能工芸学部 総合機械学科 教授の松本宏行氏は、「多くの機械や素材、ソフトウェアに触れることで、あらゆることを組み合わせて発想できるようになるため、どの産業に進んでも柔軟に取り組めます」と、その意義を話す。

 そして今回、ICT教育の加速により多様なソフトウェアを使用する機会も増えたことから、同学では新入生の1人1台PCとして、新たな機種を導入することにした。

4年間の学びに最適の専用モデル
学生たちも使い心地に満足

永井 孝 氏 ものつくり大学 技能工芸学部 総合機械学科 准教授
永井 孝

 ものつくり大学がBYOD方式で導入したPCは、マウスコンピューターの「G-Tune P5」だ。薄型・軽量化を実現した高性能なゲーミングノートPCを4年間保証などにカスタマイズした、ものつくり大学専用モデルとなっている。

 今年度は、まず総合機械学科の主に新入生に向けて175台を導入。新入生の1人1台PCとして、コロナ禍でのオンライン授業やグループワークなど校内外の場所で大いに活用されている。

 松本氏は、「これまではBYODとして学生が各自パソコンを自由に持参していました。しかし、3、4年目を迎え、実習や卒業論文という大切な時期に不具合が生じてしまうケースがありました。それが今回の導入では本学に合わせたカスタマイズにより、大学4年間をサポートしてもらえるので安心です」と話す。

 同学ではBYODとして今回の機種を選定するにあたり、保証面のほか、性能、品質、予算などを詳しく検証した。なかでも重視した点は、3DCADのようなソフトウェアを支障なく動かせるメモリやCPU、グラフィックスなどの性能の高さだったという。

 技能工芸学部 総合機械学科 准教授の永井孝氏はメモリの拡張性について、「本学では3DCADソフトを動かしつつ、PhotoshopやIllustratorで動画や画像を編集することがあります。複数のソフトを同時に動かせる性能を考えると、メモリスロットを二つ備えていることは、導入時のメモリ16Gからさらに増設できるので安心です」と語る。

 そのほか、不具合時のトラブルについても、国内メーカーとして長野県に工場を持つマウスコンピューターの迅速な対応への安心感も大きかったという。もちろん、価格も大きなポイントだった。

 「次年度に導入予定の建設学科では、入学時にさまざまな工具を購入する必要があるので、総合機械学科以上にコストの負担が大きくなります。価格と性能とのバランスを考えた結果、マウスコンピューターのG-Tune P5にたどり着きました」(永井氏)

 今回の取材では実際に総合機械学科1年の「AI入門」の授業を見学した。永井氏が別室でPCを活用して教材を共有し、該当箇所をカーソルで指示しながら遠隔にいる生徒たちに向けてオンライン授業を実施。学生は各自の「G-Tune P5」を活用して、自宅や大学内のさまざまな場所で遠隔授業を受けていた。

 学内にある「スターリングエンジンプロジェクト」のチーム室では、プロジェクトメンバーの1年生3名が永井氏の講義を受講していた。

 スターリングエンジンプロジェクトとは、温度差を利用して稼働するエンジンの設計・製作の競技に向けた活動である。チーム室にいたメンバーの1年生3名は競技大会に向けて、普段から「G-Tune P5」を用いて3DCADを活用したエンジンの設計・製作を行っている。

 オンライン講義終了後に「G-Tune P5」の使い心地を聞いてみた。すると、「デュアルモニターにしてもグラフィックが遅くならない」「3DCADのほか、複数のソフトを同時に開いてもサクサク動く」「キーボードのタッチ感も軽くて使いやすい」など、全員がその性能に満足していると話してくれた。

 松本氏も「学生がニコニコと嬉しそうにノートパソコンを立ち上げている姿を見ると、今回導入した意義を感じます」と、その手応えを話す。

「AI入門」の授業で永井氏が遠隔授業を行う様子 「AI入門」の授業で永井氏が遠隔授業を行う様子

学生は3DCADソフトを元に成形した実物を確認 学生は3DCADソフトを元に成形した実物を確認

「G-Tune P5」はキータッチが軽くて操作性もスムーズ 「G-Tune P5」はキータッチが軽くて操作性もスムーズ

今後もリアルとデジタルを大切に
ものづくりを支える人材を育成

 こうして学生たちは「デジタル」を通じた学びと、実際に手を動かす「アナログ(技能)」を4年間にわたってバランスよく磨くことで、トヨタグループや日立グループ、清水建設グループといった大手企業や、独自の技術を有するオンリーワン企業などへの就職へとつなげている。

 高度な人材を輩出する同学の教育について松本氏は、「デジタルであるコンピューターを活用すると同時に、実習を通じてリアルな物に対する技能も磨いています。お互いの利点を組み合わせることで発想を広げ、社会でも通用するテクノロジストを育成しています」と話す。

 永井氏は今回の1人1台PCの導入について、「学生は入学時からPCに触れることで4年間のスキルが大きく変わります。その点でG-Tune P5はあらゆることを試すのに十分な性能を備えているので、日頃から場所を問わず活用してほしいと思います」と語った。

薄型・軽量化を実現
持ち運びに便利で移動先でも扱える
マウスコンピューター「G-Tune P5」

リチウムポリマーバッテリー採用で、従来製品と比較して15.6型の本体サイズが一回り小型化。重量も約11.7%と軽量化している。また第10世代インテル® Core™ i7-10750H プロセッサーを搭載によりシングルスレッド性能が約7.8%向上。さらにGTXグラフィックス搭載で3Dグラフィックスの性能は約6.2%アップしている。

Windows 10 Home 64ビット インテル® Core™ i7-10750H プロセッサー GeForce® GTX 1650 / インテル® UHD グラフィックス 15.6型 フルHDノングレア( LEDバックライト)メモリ容量 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル) 512GB (NVMe対応) WEBカメラ100万画素 インテル® Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵 動作時間 約 9.0時間 本体重量 約2.03kg
※スペックは掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
※ものづくり大学様使用機の構成内容とは一部異なります。

株式会社マウスコンピューター

【個人】https://www.mouse-jp.co.jp/
TEL:03-6833-1010(9時〜20時)

【法人】https://www.mouse-jp.co.jp/store/brand/mousepro/
TEL:03-6833-1041(平日:9時〜12時/13時〜18時、土日祝:9時〜20時)

  Mail:biz@mouse-jp.co.jp