ビジネスを支える重要なインフラとなったクラウド。複数のサービスを活用するマルチクラウドやハイブリッド環境も浸透しつつある。しかし、これにより新しい課題も生じている。データのサイロ化に陥っている企業が増えているのだ。この課題解消と、データ利活用の促進に向け、ネットアップが提唱しているのが「データ ファブリック」だ。オンプレミスでもクラウドでも、データがどこにあっても自由に連携・移動・活用できるようになり、デジタル変革が大きく加速するという。ビジネスを支える重要なインフラとなったクラウド。複数のサービスを活用するマルチクラウドやハイブリッド環境も浸透しつつある。しかし、これにより新しい課題も生じている。データのサイロ化に陥っている企業が増えているのだ。この課題解消と、データ利活用の促進に向け、ネットアップが提唱しているのが「データ ファブリック」だ。オンプレミスでもクラウドでも、データがどこにあっても自由に連携・移動・活用できるようになり、デジタル変革が大きく加速するという。

ビジネスを支える重要なインフラとなったクラウド。複数のサービスを活用するマルチクラウドやハイブリッド環境も浸透しつつある。しかし、これにより新しい課題も生じている。データのサイロ化に陥っている企業が増えているのだ。この課題解消と、データ利活用の促進に向け、ネットアップが提唱しているのが「データ ファブリック」だ。オンプレミスでもクラウドでも、データがどこにあっても自由に連携・移動・活用できるようになり、デジタル変革が大きく加速するという。

変革を牽引するのは経営トップ
強いリーダーシップが不可欠

散在する多様なデータを自在に
活用できる「データファブリック」

自らの変革による知見が財産
学びも失敗もオープンに提供する