コロナ禍によってコンタクトセンターの存在価値は高まったが、一方で課題も顕在化した。センターに人が集まるリスクを回避するため、オペレーターの在宅勤務のニーズが強まっている。音声に加えチャット対応など顧客体験の高度化も求められる。コンタクトセンターシステムのリーディング企業として、様々な課題に向き合ってきたOKIは2021年1月、クラウド型の「CTstage Cloud」のサービス提供を開始した。社会課題解決を視野にコンタクトセンターのデジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しする。コロナ禍によってコンタクトセンターの存在価値は高まったが、一方で課題も顕在化した。センターに人が集まるリスクを回避するため、オペレーターの在宅勤務のニーズが強まっている。音声に加えチャット対応など顧客体験の高度化も求められる。コンタクトセンターシステムのリーディング企業として、様々な課題に向き合ってきたOKIは2021年1月、クラウド型の「CTstage Cloud」のサービス提供を開始した。社会課題解決を視野にコンタクトセンターのデジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しする。

コロナ禍によってコンタクトセンターの存在価値は高まったが、一方で課題も顕在化した。センターに人が集まるリスクを回避するため、オペレーターの在宅勤務のニーズが強まっている。音声に加えチャット対応など顧客体験の高度化も求められる。コンタクトセンターシステムのリーディング企業として、様々な課題に向き合ってきたOKIは2021年1月、クラウド型の「CTstage Cloud」のサービス提供を開始した。社会課題解決を視野にコンタクトセンターのデジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しする。

10年後の150周年を見据え
「社会の大丈夫」をつくる

25年の実績を持つCTstage
クラウドサービスに本格参入

CTstage Cloudで在宅勤務に対応
オンプレミス型も強化版投入