提供:VAIO

初期設定を自動化して簡単導入 ~今話題のゼロタッチデプロイメント~

ユーザーも情シスも嬉しい

快適なテレワークのためのモバイルPCと導入展開手法

VAIO株式会社
法人営業本部
技術営業部 部長
西澤 良太郎

快適なテレワークのためのモバイルPCと導入展開手法

新型コロナウイルスの災禍に見舞われてから1年以上が経過する現在、従業員がオフィスに出社する以前の働き方も見られ始めているが、一方でテレワークや在宅勤務といった働き方が完全になくなることはないだろう。企業としては従業員が扱うPCもテレワーク環境に適したものが必要となる。その際、テレワークにおける「使いやすさ」が重視されがちだが、スムーズに環境を整えられる「導入のしやすさ」の観点も忘れてはならない。

テレワークを取り入れた
ハイブリッドな働き方が広がる

写真:西澤 良太郎 氏

VAIO株式会社
法人営業本部
技術営業部 部長
西澤 良太郎

 2020年に発生した新型コロナウイルスの影響で多くの企業が社員をテレワークに移行させた。それから1年以上が経過し、再びオフィスへ出社する従来の働き方へ戻る企業も増えている。ワクチン接種が徐々に進み始めたことで、今後はコロナ感染リスクが減少する可能性もあるが、コロナ禍以前の働き方に完全に回帰することもないだろう。

 Web会議やチャットを駆使したコミュニケーションが活発化し、働き方の柔軟性が増したことで、今後はオフィスだけでなく、在宅勤務やサテライトオフィスでの業務など、そのときの状況に応じて最適な場所を選ぶハイブリッドな働き方が主流になる可能性も高い。

 加えて最近では、企業が実施している多くのアンケート調査からも、求職者が企業を選ぶ際に重視する項目に「テレワークの実施」を挙げる傾向が高まっている。リスク対策や事業継続だけでなく、人材確保の観点からも、企業はテレワークを何らかの形で取り入れ、ニューノーマルな働き方を整備する必要があるのは明らかである。

 このような中で企業はITの点からさまざまな整備を進めることになるが、改めて見直したいのが、業務における基本ツールとも言えるPC環境だ。

 VAIO 法人営業本部 技術営業部 部長の西澤良太郎氏は、「すべての従業員に配布可能なデバイスで、オフィスでも自宅でもフレキシブルに仕事がしやすく、なおかつ情報システム部門がセキュリティに対するガバナンスを効かせられるといった3つの条件から、有力な選択肢となるのはやはりモバイルPCです」と語る。

テレワーク時に悩ましい
「PCの初期設定」を
効率化するには?

 新しい働き方を見据えたモバイルPCの導入となると、どの機種を選定するべきかという課題に直面するが、実際はそれだけではない。もう1つの障壁はPC導入直後の初期セットアップから必要なアプリケーションの設定までを含む一連の作業だ。

 従来であれば一時的な作業場所を確保し、情報システム担当者が人海戦術で短期間にキッティングをやってしまうといった光景もよく見られた。しかし、その手間を考えると今後は柔軟な働き方にも合致した新しい手法が望まれるところだ。

 この初期設定にまつわる課題に対してVAIOがいち早く打ち出したのが、Windows 10 PCのクラウド展開手法(ゼロタッチデプロイ)である「Windows Autopilot」への対応である。

 情報システム部門が行うのは、従業員が使用するPCの「デバイスID」という固有情報とアカウント情報を紐づけてクラウドに登録し、配布するアプリケーションや設定をプロファイルとして作成しておくことのみであり、1台1台実機の電源を入れてキッティングをする必要はない。従業員は、自宅に送られてきたPCの電源を入れ、自宅Wi-FiのSSIDやパスワードを入力して、自分のIDでログインするだけで、面倒でわかりづらい初期セットアップは自動で行われる。

図1 Windows Autopilotを活用したPC初期設定のクラウド経由の自動化(ゼロタッチデプロイ)。情報システム部門でキッティングを行うことなく、従業員が自宅に届いたPCの電源を入れれば自動的に初期設定が完了する。

図

 Windows Autopilotは「Azure Active Directory(Azure AD)」や「Microsoft Intune」とノンストップで連携するため、初期セットアップ後に必要な部門や従業員ごとのアプリケーションインストールや各種設定を自動配布することが可能なのだ。

支援サービスで
Windows Autopilotを
さらに利用しやすく

 もっともWindows Autopilot自体はマイクロソフトが標準で提供している機能であるため、単純にこのサービスを利用する上ではPCメーカー間の差はない。

 そうした中でVAIOの動きで注目すべきは、各企業が煩雑な手間をかけることなく、より簡単にWindows Autopilotを利用できる仕組みを率先して整えたことである。

 例えばデバイス固有情報(デバイスID)が、購入したPCにただ添付されてくるだけならどうなるだろうか。情報システム部門は荷受けした大量のPCを1台ずつ開梱してデバイスID を読み出しリスト化しなければならない。

図2 「Microsoft Product Key ID」をバーコード化したラベル。いちいち開梱しなくても、外箱に貼付されたラベルからもPCの「Microsoft Product Key ID」を確認できる。(「Microsoft Product Key ID」はパートナー経由のデバイス登録で使用)。これはVAIOの全製品で対応している。

図

 VAIOはこうした手間を不要としたのだ。「Autopilot Deployment 支援サービス」がそれである。顧客またはWindows Autopilotの提供サービサーがクラウドにVAIOのPCを登録する際に必要となるデバイスID などの情報を、工場側で取りまとめて電子データ(リスト)で提供するのである。

 また、いちいち開梱しなくても済むように、デバイスIDの1つである「Microsoft Product Key ID」をバーコード化したラベルが外箱にも貼付されている。

 「どのような形で情報提供すれば、お客様がより便利にWindows Autopilotを活用できるか。ディストリビューターのダイワボウ情報システムと何度も話し合いを重ね、一緒にこの仕組みを作ってきました」と西澤氏は訴求する。

 これによりVAIOから導入したPCについては、工場から従業員の自宅へ直送した場合でもWindows Autopilotによる自動初期設定が可能なのである。

事前プロビジョニング(旧:White Glove)

 またVAIOでは、このWindows Autopilotによるプロビジョニングをさらに便利にするために、同じくWindows Autopilotが提供する「事前プロビジョニング(旧:White Glove)」というオプション機能にも対応している。通常のWindows Autopilotでは、ユーザーの手元に端末が届いたあと、必要な初期設定やアプリケーションのインストールが完了するのに時間を要していたが、事前プロビジョニングにてこうした処理の一部をあらかじめVAIO側で行っておくことで、ユーザーはより迅速にPCを利用開始できるようになるのである。

用途に応じて3つのラインアップから選べる
「VAIO® Pro PK」

 VAIOのモバイルPCそのものもテレワーク利用を想定した特長を備え、用途やニーズに応じた3つの製品ラインアップを有する。それが、小型軽量でモビリティに優れた12.5型ワイド液晶搭載「VAIO Pro PJ」、ビジネス定番サイズでWeb会議のときに便利なカメラプライバシーシャッターを備えた13.3型ワイド液晶搭載「VAIO Pro PG」、大画面とモバイル性を両立させた14.0型ワイド液晶搭載「VAIO Pro PK」の3機種である。

 これらのラインアップの中から、実際に企業が導入する際には、職種によって異なる機種を導入することになるが、マスターイメージは共通であるので、情報システム部門側で特に作業負荷が増えることはない。

 この3つのラインアップの中でも、西澤氏が一押しするのは法人モデルとして提供している主力機種の「VAIO Pro PK」である。

 最大の特長は大画面化とモバイル性を両立させた点にあり、「13.3型のモバイルPCとほぼ同じフットプリントでありながら、14.0型の液晶ディスプレイを搭載しました」と西澤氏は強調する。ベゼル(額縁)を極限まで狭くすることで実現したものだ。

 実際、オフィスでデスクトップPCを使用する従業員がテレワークに移行してモバイルPCを使い始めた際に、一番違和感を抱くのが小さくなった画面サイズである。VAIO Pro PKはそのストレスを最小限に抑え、テレワークでもオフィスで働いているのと同等の生産性を維持できる。

 画面上部のスペースには無線通信用のアンテナが配置されている。「一般的に、無線通信は金属の影響を受けやすく、アンテナの位置は高いほうが望ましいとされています。アルミ製のパームレストやスチール製の事務机、PC内部のパーツから発生するノイズなど、内外の影響を受けることなく、最大の受信感度を得るために、VAIO Pro PKはアンテナを液晶ディスプレイの最上部に配置しています」と西澤氏は語る。

 通信の観点でいうと、VAIO Pro PKではWi-Fiや有線LANに加えて、LTEにも対応していることが大きな特長だ。国内のキャリアで利用されている主なバンドへ対応しており、SIMフリーのため、NTTドコモ、au、ソフトバンクのいずれのSIMも利用することが可能だ。

 「自宅のWi-Fiからつながっているインターネット回線の大半がベストエフォートであり、特にテレワークが急増した現在はビジネスタイムに通信速度が低下する問題が起こっています。そんな場合はLTEに切り替えて業務に必要な通信速度を確保することができます」と西澤氏は強調する。

快適な操作を実現する
VAIOのこだわり

 VAIO Pro PKはユーザーの快適な操作性に対しても妥協がない。 たとえば処理負荷の重いアプリケーションを利用する際には、「VAIO TruePerformance®」と呼ばれる機能を使って一時的にCPUをクロックアップすることが可能だ。

 「CPUを高速動作させると大量の熱が発生して逆に性能が低下してしまうのですが、VAIO Pro PKは筐体内部にホットスポットをつくらない空冷設計を全面的に見直すことでこの問題を回避しました」と西澤氏は語る。

 さらにキーボードはキーピッチ約19mmのフルピッチキーボードを採用しており、使い勝手がよい。奥部が持ち上がるチルトアップ機構により、パームレストに傾斜がつき、入力作業時の手首の負担を軽減する。高精度に組み上げたキーボードは耳障りなカチャカチャ音を低減する「静寂キーボード」仕様で、静かな場所でのタイピングでも安心だ。

図3 キーボード操作のしやすさを追求する「チルトアップ」機構

図

 また、アルミ一体成型のパームレストに加え、天板には新開発の超高弾性UDカーボンを採用することで、14.0型ワイドの大画面ながら約999g(最軽量構成時)を実現した。机からの落下や通勤ラッシュ時の急停車で強い圧力がかかっても本体内部の基板やデバイス、大切なデータを守りきる筐体の強さを確認する品質試験も実施しており、堅牢性も持ち合わせている。

 そのほか、4K出力対応のHDMI端子、VGA端子、USB Type-C端子、3つのフルサイズUSB端子、SDメモリーカードスロットなど、新・旧規格のインターフェースをコンパクトな筐体にすべて搭載し、外付けアダプターなしで多様なビジネスシーンに柔軟に対応できるのも大きな魅力だ。

次世代リモートアクセスサービス「ソコワク」

 ここまでモバイルPCそのものの機能に触れてきたが、このほかにVAIOでは、テレワークでも社内セキュリティポリシーを確実に適用できるよう、ニューノーマルな働き方に対応した次世代のリモートアクセスサービス「ソコワク」も用意している。オフィスの外でモバイルPCを使用することが当たり前になった今、リモートアクセスも改めて検討する必要がありそうだ。

 以上のようにVAIOでは、テレワークに適したモバイルPCを中心に、素早く導入し快適に利用できるためのソリューションを提供することで、ニューノーマル時代の働き方へと変革する企業を支援している。

お問い合わせ

VAIO株式会社

pagetop