日経クロステック Special

BOMで改善!中小企業の設計効率を上げる業務改革~設計から生産へと至るエンジニアリングチェーンでBOMを効率的に構築し有機的に結ぶには

 製品の構成部材をリスト化したBOM(Bill of Materials)は、生産における基準情報であり、製品のDNAとも呼ばれることもある。BOMには、設計部門が扱うE-BOM、調達部門が扱うP-BOM、生産部門が扱うM-BOM、サービス部門が扱うサービスBOM(保守BOM)などがあり、それぞれで役割や持たせるべき情報が異なっている。

 設計から生産へと情報をスムーズにつなぎ、さらに生産履歴を残して製品出荷後のサポート(トレーサビリティ)の質を高めるには、それぞれの業務フェーズにおいてBOMを適切に管理していくことが重要である。モノづくりのデジタル化を推進し、競争力を高めていくためにも、新たな時代にも対応できるBOMの構築と、それを支える情報基盤が不可欠と言える。

 しかし、とくに中小において、BOMの管理が不十分だったりBOMそのものを導入していない企業もあり、設計のテンプレート化や適切な生産管理ができないといった課題が生じている。

 製品ライフサイクルを管理するPLMやデータ管理の一元化を実現するPDMなどのソリューションを提供するダッソー・システムズは、BOMに悩みを抱える中小企業を対象に、「BOMで改善!中小企業の設計効率を上げる業務改革」と題するオンラインセミナー(Webinar)を2020年9月に開催した。

 このホワイトペーパーでは、同セミナーから、BOM関連の著書や講演も多い日揮ホールディングスの佐藤知一氏の基調講演「BOM/部品表とエンジニアリング・チェーンのマネジメント」と、中部地区でPLMやBOM関連システムの提案および構築を行っているエスツーアイ株式会社の村瀬太一氏のセッション「中小企業で出来るPLM導入プロセスのご提案」を要約してお届けする。

 BOMについて悩みを抱えている設計部門や生産部門ほかの担当者に一読をお勧めしたい。

ホワイトペーパー見本
ホワイトペーパー
ダウンロードはこちら

DOWNLOAD