オンラインセミナー レビュー コンテナSummit2021 DX先進企業がこぞって導入する「最重要基盤技術」の今

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進基盤として、コンテナの活用が進み始めている。開発やデプロイの自動化による大幅なスピードアップ、環境に左右されないアプリケーション開発、リソースの効率化、コスト削減などの効果が期待され、既に先行企業では導入が進む。
 そこで、コンテナ技術に関する最新動向やユーザー事例、ソリューション情報などを収集できるよう、日経BPは2021年5月28日、「コンテナSummit 2021」をオンラインで開催した。申し込みは早々に定員に達し、コンテナに関する関心の高さがうかがえた。
 基調講演は、三菱UFJ銀行が家計管理アプリ「Mable」チームによるコンテナ活用の取り組みを紹介。銀行のシステム基盤上でいかにコンテナを稼働させ、CI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)を実現したかを語った。また、特別講演ではヤフーが「PaaS」「CaaS」「FaaS」の3つのコンテナ基盤を活用して開発生産性を向上させた取り組みを紹介。3種の特性や使い分け、導入の苦労や成果など詳しく語った。
 本特集では、「コンテナSummit 2021」の各ソリューション講演の内容を紹介。コンテナ技術の特長や課題、それを解決する各種ソリューションや最新動向、活用例、メリットなどを紹介する。

INDEX

▲ PageTop