コロナ禍で社会やビジネスを取り巻く環境は大きく変化した。新しい環境に対応した働き方やビジネスモデルを変革するシステムを迅速に開発し、いかにデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していくか――。これが多く企業に共通した課題になっている。こうした中、注目を集めているのが超高速開発だ。中でも高い専門スキルを不要としたローコード・ノーコード開発は、IT 人材が不足する状況において有効なアプローチとして認識されつつある。このような背景のもと、開催されたのが「ローコード・ノーコード/超高速開発 セミナー 2021」だ。本セミナーでは、成功事例をはじめ、超高速開発に向けた有効なツールや手法など、ニューノーマル時代のシステム開発のヒントが提示された。ここでは、その内容を紹介したい。

基調講演 三菱UFJインフォメーションテクノロジー 三菱UFJ銀行向けの開発で得た実践的なノウハウ

特別講演 積水化学工業 成功事例が全社の業務改善意識を喚起

特別講演 日経BP 超高速開発の“本質”と今後の動向