在るものを生かし、無きものを創る 日本の強みをデジタルでつなぐ国家創造 日本のデジタル変革の進展を阻んでいるのは、「セクショナリズムや既存のルールに縛られがちな組織」だとデロイト トーマツグループの松江 英夫氏は指摘する。この現状を変えるには、官民一体となって日本の強みを抽出し、デジタルの力で横断的につなぎ合わせて新しい価値を創出することが必要だ。同時に、デジタルの力を引き出し、明日の日本の成長をけん引する人材を育てることも重要になる。それに向けた同社の提案とは。

「価値創造サイクル」を回して
在るものを生かし無きものを創る

セキュリティ課題を克服した
日本の自動車産業の成功要因は

人材育成と産業創造を同時に進める
プラットフォーム構築を提唱