ITインフラSummit 2021 Summer

長引く新型コロナウイルス感染拡大に伴い、在宅勤務やテレワークへの対応は一時的な措置ではすまなくなった。不測の事態や急激な変化に対応できる体制が事業継続に欠かせないことも、より鮮明に認識されるようになった。また「2025年の崖」を見据えたデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進も待ったなしだ。ITインフラエンジニアには、より一層スピーディーに製品やソリューションを見抜く確かな眼と、状況に応じて柔軟かつ最適に組み合わせる知識が求められている。
 そこで、DXを加速させるITインフラの構築/運用に関する最新動向やソリューション情報を収集できるよう、日経BPは2021年7月15日と16日の2日間、オンラインセミナー「ITインフラSummit 2021 Summer」を開催した。テーマは「クラウド基盤最適化」「IT自動化・コンテナ基盤」「AI・データ基盤」「ネットワーク最適化」の4つ。多くの参加者が各セミナーを受講した。
 主催者講演では、Day1で三井住友フィナンシャルグループが同社のデジタライゼーション戦略と、それを支えるITプラットフォーム、コンテナの活用事例などを紹介。東京海上日動火災保険は、DXを推進するためのインフラ戦略や協創型次世代データ分析基盤などを紹介した。Day2では、NTTドコモが急増するクラウド活用に対するコスト最適化の取り組みを紹介し、竹中工務店がオフィスおよび現場でのICTによる働き方改革と、それを支えるITプラットフォームの現在とロードマップを紹介した。
 本特集では、「ITインフラSummit 2021 Summer」の各ソリューション講演で語られた、ITインフラの最新トレンド、製品の特長やメリット、具体的な技術と課題/解決策、活用事例などを紹介する。

INDEX

Day1

Day2

Day1

Day2

▲ PageTop