一気に高まったかにみえるデジタル活用への意識だが、まだDXの領域にまで至っていないケースは少なくない。そうした中、新しいアプローチで日本の強みを生かすDXを提案しているのがテクノスジャパンだ。同社が提案しているのが「DX=ERP×CRM×CBP」というコンセプト。多くの企業が既に導入しているERPとCRMを新しいサービスで接続することでサプライチェーン全体の最適化、そして、高度なデータ活用を実現しようとしている。一気に高まったかにみえるデジタル活用への意識だが、まだDXの領域にまで至っていないケースは少なくない。そうした中、新しいアプローチで日本の強みを生かすDXを提案しているのがテクノスジャパンだ。同社が提案しているのが「DX=ERP×CRM×CBP」というコンセプト。多くの企業が既に導入しているERPとCRMを新しいサービスで接続することでサプライチェーン全体の最適化、そして、高度なデータ活用を実現しようとしている。

一気に高まったかにみえるデジタル活用への意識だが、まだDXの領域にまで至っていないケースは少なくない。そうした中、新しいアプローチで日本の強みを生かすDXを提案しているのがテクノスジャパンだ。同社が提案しているのが「DX=ERP×CRM×CBP」というコンセプト。多くの企業が既に導入しているERPとCRMを新しいサービスで接続することでサプライチェーン全体の最適化、そして、高度なデータ活用を実現しようとしている。

加速するデジタル活用だが
DXはまだ進展の余地が大きい

「ERP×CRM×CBP」
というユニークな提案

サプライチェーンでデータを貯め
データドリブン経営に生かす