パワーエレクトロニクス技術が社会を変える カーボンニュートラル達成に欠かせない技術とは 再エネ・水素の活用機運が急騰、加速する脱炭素化はビジネスの好機

東芝三菱電機産業システム株式会社 執行役員
パワーエレクトロニクスシステム事業部 事業部長

飛田 正幸

世界中の国や地域で、2050年のカーボンニュートラル達成に向けた取り組みが加速している。これまで考えていた以上に再生可能エネルギー(以下、再エネ)や水素を積極活用する情勢になってきた。その動きを後押しする技術が、パワーエレクトロニクス(パワエレ)である。TMEIC(ティーマイク)のパワエレ部門を率いる飛田正幸氏に、同社が果たす貢献について聞いた。

2050年のカーボンニュートラル達成に向け、国内外で、様々な政策が進められています。こうした情勢をどのように見ますか。

飛田 2050年のCO2排出ネットゼロの実現に向けて「欧州グリーンディール(European Green Deal)」というスローガンを掲げて取り組むEUや、政権交代によってCO2削減政策に転換した米国、削減目標を引き上げた中国など、カーボンニュートラルを目指す動きが世界中で一気に活発化してきました。日本でも2050年の達成を目指して、2020年末に経済産業省が「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を策定しています。その中には、パワエレが貢献できる項目が多く挙がっています。

電力部門では、再エネの最大限の導入が盛り込まれ、洋上風力、太陽光、蓄電池などが成長分野として明記され、さらに水素の製造とその利用の重要性も強調されています。

一方、利用者側である産業部門では、電化・電動化と水素の活用、蓄電池の利用の促進が挙がっています。実際、お客様の動きから、カーボンニュートラルをコスト要因ではなく、ビジネス機会と捉え、関連投資が積極的になってきた様子を肌で感じます。