専任のIT担当者を十分に確保できない中堅・中小企業は、どうやってテレワークを実現すればよいのか。実効性の高いWeb会議や情報漏洩を防ぐセキュリティを確保するには、何が必要になるのか、困り果てている経営者が少なくない。その悩みに終止符を打つべく、大塚商会とVAIOがタッグを組んだ「オリジナルPC」とIT業務支援サービス「たよれーる」のセット販売を開始した。業務用の優れたPCの提供とIT管理のアウトソーシングを同時に実現し、テレワークの課題を一気に解消していくという。

中堅・中小企業のテレワークをワンストップで支援

株式会社大塚商会
マーケティング本部
共通基盤ハード・ソフトプロモーション部
PC・サーバ・ストレージプロモーション課
土井 彩結美 氏

コロナ禍を避けるため、とにかく導入ありきでテレワークを急ぐ企業は多くある。しかしながらその結果、さまざまな問題が噴出している。一斉休校によるオンライン授業や動画閲覧などにより、ネットワークの通信速度が「遅い」、「つながらない」で仕事にならない。性能が貧弱で画面がよく固まり、再起動ばかりしている。Web会議はできているが、契約書や伝票にハンコを押すためだけに出社しなければならない。これでは、災害や障害で交通機関が止まると業務も続けられなくなってしまう。

また、オフィス外で仕事をする機会が増え、どの企業でもセキュリティが課題になっている。ランサムウェアによってPC内のデータが勝手に暗号化され、アクセスできなくなったという声も聞かれる。ファイアウォールで社内ネットワークを守ればよかった従来のセキュリティ対策が無意味となった今、リモートからセキュアに接続できる新たな対策も必要となっている。

このような状況の中で、大企業では大企業ではさまざまな対策が対策が急ピッチで進んでいる。しかし、中堅・中小企業では遅々として進んでいないケースが散見される。その主な原因について大塚商会 マーケティング本部の土井彩結美氏は「資金やリソースが限られ、テレワークのためだけに専用の担当者を置けない企業が少なくないからです」と語る。

大塚商会はこれまで、そうした悩みを抱える中堅・中小企業のテレワークを数多く支援してきた。最大の強みは、テレワークに必要となる安全なネットワークやリモートアクセス環境、グループウェア、ファイル共有システム、Web会議の仕組みなど、市場にあるサービスや製品を豊富に取り揃えていることだ。資金やリソースが限られる中堅・中小企業のニーズにワンストップで応えることができる。特定のメーカーやベンダーに偏ることなく、中立的な立場で顧客に最適なテレワークを提案できるのが魅力だ。

また、中堅・中小企業の注目を集めているもう一つの理由は、「たよれーる」という同社独自のIT業務支援サービスだ。これを契約すれば、面倒で工数のかかるIT管理の一切を大塚商会にアウトソーシングできる。IT専任の担当者を十分に確保できない中堅・中小企業にとって頼もしい選択肢になっている。

中堅・中小企業に人気がある大塚商会のIT業務支援サービス「たよれーる」

「たよれーる」がカバーしているIT管理は幅広い。中でも「PCワンストップサービス」の人気は高く、PCの修理対応や復旧支援、Microsoft Officeのテレホンサポートを始めとするPCに関するトラブルを丸ごとお任せできるサービスだ。電話窓口対応、リモートサポート、エンジニア訪問による復旧や修理を行う体制が整っている。

例えば、PCの設定やアプリケーションの操作がわからないために、何十分、何時間も業務が滞ることがある。そんなとき、自分で悩まず大塚商会に連絡すればすぐに対応してくれる。会話によるコミュニケーションでうまく状況が伝わらない場合、大塚商会のコンタクトセンターがリモートでPCの操作指導をしてくれるのだ。

VAIOオリジナルPCと、「PCワンストップサービス」で
より快適なテレワークを実現

いざテレワークを始めようと思っても、そもそもPCがテレワーク向きでないことも多い。テレワークに使うPCには、持ち歩きに適したサイズや丈夫さ、拡張性、バッテリー容量などが必要になる。大塚商会は国内屈指のPCメーカーVAIOと組んだテレワーク向けのオリジナルPCを「PCワンストップサービス」とセットで導入可能にし、中堅・中小企業のテレワークの悩みを一気に解消しようとしている。

開発したのは、大塚商会オリジナルモデルの「VAIO® Pro PJ/A」と「VAIO® Pro PK/A」だ。

「VAIO® Pro PJ/A」は、12.5型ワイドディスプレイで約888~897グラム(カタログ値)と軽い。持ち運びを意識した小型PCでありながら、キーボードのキーの間隔は約19ミリとデスクトップ並みのサイズを確保し、業務で長時間使用しても疲れにくい。

また、業務用PCならではの高い拡張性を備える。USB端子においては、現在主流になりつつあるType-Cを備えるほか、Type-Aをボディの両側に配して高い利便性を確保。加えてWebカメラとステレオミニ端子(ヘッドセット対応)、HDMI、ミニD-Sub、LANポート、SDメモリーカードスロットを備える。Web会議はもちろん、自宅で大型モニターに接続したり、客先でプロジェクターにつないでプレゼンしたりするのも快適だ。

ネットワークも無線LAN、有線LAN、LTEに対応。回線品質が悪い環境でも業務を続けるための冗長性を備える。

「VAIO® Pro PK/A」は14.0型のワイドディスプレイで作業しやすさを重視したやや大きめのノートPCだが、最軽量構成時で約999g(カタログ値)とモビリティ性にも優れているのが特徴だ。

第 10 世代インテル® Core i5 プロセッサー

画面が大きいので作業効率が上がり、長時間作業しても疲れにくい。第 10 世代インテル® Core™ i5 プロセッサーを搭載し、こちらも「VAIO® Pro PJ/A」と同様の高い拡張性を備える。

両モデルとも、頻繁に持ち歩いて仕事をするための頑丈さを備えている。天板はVAIOと東レが共同開発したUDカーボン製。F1マシンや航空機にも使用されている軽量で強じんな材料だ。キーボード部分がシルバー、天板がブラックのツートンカラーは大塚商会オリジナルモデルならではの特徴だ。

また、パームレストなど体裁に大きくかかわる部分には高品質な国内メーカー製を採用。組み立ては長野県安曇野市にあるVAIOの本社工場で行っており、正真正銘のメイド・イン・ジャパン。出荷時には専任の技術者が約50項目に及ぶ厳しいチェックを実施。初期不良や不具合を抑えている。

ITのために専任の従業員を確保できない中堅・中小企業は、このオリジナルPCを「たよれーる」のPCワンストップサービスとともに導入すれば、実効性の高いテレワークをすぐに始められる仕組みになっている。

優れたPCとIT業務支援サービスで、
テレワークの多くの課題に終止符を打つ

VAIO株式会社
営業統括本部 法人営業統括部
第2法人営業部
田中 稔浩 氏

「テレワーク用のPCは持ち運び頻度が高く、使用時間も長くなります。本製品はそれに耐える堅牢性とバッテリー駆動時間を備えています。豊富なインターフェイス、静寂キーボード、LTEにも対応します。総合的に見て、ビジネス用としてこれ以上のPCはないと自負しています」と語るのはVAIO 営業統括本部の田中稔浩氏だ。

「大塚商会はテレワークを支えるリモートアクセスやセキュリティに関する商材も多数取り扱っています。Web会議や電子ハンコ、LTEに必要な各種SIMカードなど、テレワークに必要なものをワンストップでご提供することが可能です」(土井氏)。多数の現場でテレワークを支援してきたノウハウを背景に、中堅・中小企業が無理なく導入できるテレワークを提案している。

コロナ禍は今後もしばらく続きそうな情勢だ。ますます先行きが不透明になるビジネス環境において、テレワークは事業を継続するための命綱となる。悩んで時間を無駄にするより、思い切って相談してみるのも手だ。

お問い合わせ先

“VAIO”はVAIO株式会社の登録商標または商標です。