Online Seminar Review

コンテナSummit 2022

DX開発・運用
迅速化する必須技術

ビジネス環境が目まぐるしく変化する昨今、企業価値を高めるために、様々な施策を行い、スピード感を持って新たな事業創出を行う必要がある。その中で、ITインフラを迅速に提供する技術として「コンテナ」が注目されている。

日経BPでは、2021年に引き続き、コンテナの特徴やメリット、そして先進事例や今後の可能性を紹介するオンラインセミナー「コンテナSummit 2022」を開催した。
基調講演では、SOMPOホールディングスのデジタル・データ戦略部とデジタル事業子会社であるSOMPO Light Vortexが、コンテナ技術によってどのようにアジャイル開発やマイクロサービス化を実現したかを解説。また、特別講演では、ジェーシービー(JCB)がコンテナ技術を駆使して次世代IT基盤「JCB Digital Enablement Platform(JDEP)」を構築した際の組織体制や構築後の効果などを解説した。

本特集では、コンテナを利用することによるビジネス改革や、新たな運用体制の構築を解説。また、コンテナ環境におけるセキュリティーの課題についても言及し、各種ソリューションの最新情報や事例、活用法などを紹介している。先進的な事例には、コンテナのメリットや導入のコツなど役立つ情報が満載。改めて、「コンテナSummit 2022」の各ソリューション講演の内容を紹介する。

このページのトップに戻る