Online Seminar Review

コンテナSummit 2022

DX開発・運用迅速化する必須技術

レッドハット

「変革支援メニュー」とともにレガシーシステムを脱ぎ捨てよ

自社のビジネスを、時代に合わせて変革しなければならない。そのためには、ITシステムの構築が必須。そこで注目されるコンテナ技術だが、活用に向けてクリアすべき課題も多い。特にレガシーシステムを抱える企業はどうすべきなのか? 最新事例を紹介しながら、その道を示す。

「変革支援メニュー」で課題ごとに最適な解答を

レッドハット テクニカルセールス本部 テレコムソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 岡本 敏行 氏

レッドハット

テクニカルセールス本部
テレコムソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト

岡本 敏行

盛んに叫ばれるビジネス変革の必要性。ITシステムに求められる役割も変化している。業務をこなすだけではない、期待されるのは新たなビジネスの創出。そこで注目されるのが、ITシステムを迅速に構築することができるコンテナ技術の活用だ。クラウドネイティブ化が進む昨今、優れたサービスが市場に出ても、あっという間に飽和状態になる。1つのサービスの寿命が短くなる中で、収益を確保するカギは開発スピードだ。ここに貢献するのがコンテナ技術である。

一方でいまだに多い、レガシーシステムを使っている企業にとっては、コンテナ技術を取り入れたくとも移行の仕方がよく分からないもの。他にも悩みは尽きない。例えばレガシーシステムにある大量のデータ、これを活用するにはどうすればいいのか。

レッドハットではこうした悩みを解決するために「変革支援メニュー」を提供している。ビジネスにまつわる様々な課題ごとに、ソリューションがあるという。

レッドハットの変革支援メニュー

レッドハットの変革支援メニュー

レッドハットは目的に合わせて細かくソリューションを提供する

画像を拡大する

岡本氏はこの中から、「レガシーモダナイゼーション」と「データ利活用」、2つのソリューションについて解説した。

年間数億円規模の削減達成事例も

レガシーシステムを抱える企業は多いが、老朽化したシステムのままだと、変わりゆくビジネス環境に素早く対応できない。また、システムを維持するのにも手間とコストがかかる。「レガシーシステムを全て捨てるのではなく、段階的な移行が可能です」と岡本氏は語る。レガシーシステムから、コンテナ技術を活用したマイクロサービス化に段階的に移行。加えてAPI連携したデータの活用によって、ビジネスの拡大に結び付けられる。

ビジネスプラットフォームの1つの例として、「レガシーシステム」「ビジネスプラットフォーム」「ユーザーインターフェイス」の3層での構成が考えられる。

「コンテナ技術を使うといっても、システム全てを刷新する必要はありません。データ層ではレガシーシステムをそのまま残し、APIまたは個別インターフェイスを使ってビジネスプラットフォームのマイクロサービスにデータを取得させます。また、全てを一気にマイクロサービス化するのではなく、必要なアプリケーションから段階的に進めていくことが大切です」(岡本氏)

このような手法で実際にマイクロサービス化を達成した事例がいくつかあるという。岡本氏ははじめに、ある小売業の事例を紹介した。「まずは基幹システムへの一元的なアクセスを提供するために、ビジネスプラットフォームを構築しました。そして領域ごとにAPI、データキャッシュ、イベントストリームなどを整備しました。その結果、全体の2/3のシステムに対してリソースの最適化や平準化が実現しました」(岡本氏)。大幅な運用コストの削減に成功し、それによって浮いたコストを新たなデジタルサービスの開発費に充てられるようになったという。

次に取り上げられたのは、航空会社向けのメンテナンスや修繕サービスを提供している企業の事例。同社はメンテナンスシステムを改善して、データ利活用による付加価値向上を目指した。さらに業務プロセス最適化によるコスト抑制も達成した。

「そのために、MVP(Minimum Viable Product)開発によってマイクロサービス化を行いました。これによって、機体の状態をリアルタイムにモニタリングしてデータ分析。さらに、サードパーティアプリと連携することで機体や部品の交換タイミングや耐久性を評価し、予防保守を実現。故障率を下げることで、メンテナンスにかかる人件費の削減に成功しました」(岡本氏)

このソリューションによって、業務プロセスに合わせてシステムを柔軟にカスタマイズ可能になった。実に年間数億円のコストメリットがもたらされたという。

コンテナ導入を強力に支援する「Container Adoption Journey」とは?

続いて岡本氏は、「システム生産性/品質向上」の課題に向けたソリューションを紹介。システムの生産性を上げるには、ソフトウエア開発のライフサイクルを効率化し、質の高いシステムを迅速かつ継続的に届ける必要がある。リリースの頻度を上げ、かつシステム品質を高めることで、売り上げ拡大につなげられる。

「また、システムの自動化を確立して、属人的なテスト工程を排していきます。そして、テストを短縮してコスト削減していくためには、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)パイプラインを導入して、テストを自動化していきます」(岡本氏)

さらに「システム生産性/品質向上」を目指した通信事業者の事例が紹介された。この企業では、レガシーシステムが原因で再開発に時間がかかっていた。古いレガシーシステムでは、サービスあたり数百人月以上の工数が必要で、迅速なサービスリリースができない。仕様書は分厚く、有識者は様々な部署に分散、属人化。開発の成功率は半分程度に落ち込んでいた。多くの課題を抱えていたこの通信事業者は、思い切ってレガシーシステムのクラウドネイティブ化へ舵を切った。

「CI/CDパイプラインを導入してシステムの“断捨離”とテスト自動化を実現した結果、リリース時間の大幅な時間短縮が可能になりました。さらに新規バグの減少や、本番リリース時のエラー削減といった品質向上も実現しています」(岡本氏)

講演の終盤で岡本氏は「Container Adoption Journey」について紹介した。コンテナを導入したものの、その後の利活用に悩む企業も多い。これはそうした声に応えるものだ。コンテナを活用し、かつ継続的にサービスを改善し続けるためには、十分な開発・運用体制を築く必要がある。そのための支援を行う。これによって、コンテナの活用が軌道に乗り、リードタイムの短縮、リリース頻度の向上、信頼性の向上が実現する。

What's Container Adoption Journey

What's Container Adoption Journey

技術支援だけでなく、コンテナ導入を多角的に支援するのがContainer Adoption Journeyだ

画像を拡大する

レッドハットは技術やツールの導入に加えて、ルールやプロセス、人材やノウハウなど、多角的な支援を提供している。コンテナ導入の過程で累積する課題に対応するための、心強いパートナーとなるだろう。

このページのトップに戻る