インフラ刷新事例/IDCフロンティア メガクラウドから乗り換え多数の国産クラウドその新基盤に採用されたサーバーインフラとは

ソフトバンクグループのデジタルインフラ企業であるIDCフロンティア。同社は、国産クラウドサービス「IDCFクラウド」のサーバーインフラを刷新し、サービスの拡充を図った。デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む顧客の期待に応え、コンピューティングパワーとサービス信頼性をより向上させるためだ。さらに、SDGsやひっ迫する電力需給状況を踏まえ、消費電力の抑制にも成功したという。ここでは、時代をリードするIDCFクラウドの提供価値と、それを支える同社のデジタルインフラ戦略を考察したい。

パワフルで使いやすいクラウドがモットー

データセンター、ネットワーク、クラウドサービスなどビジネスに欠かせないデジタルインフラをワンストップで提供するIDCフロンティア。各領域のプロフェッショナル人材を数多く有する国内有数のインフラ事業者だ。

その主力サービスの1つが国産クラウドサービス「IDCFクラウド」である。パブリッククラウドサービスとホステッド型(利用型)プライベートクラウドの2種類がある。

IDCFクラウドの大きな特徴の1つはパワフルな性能だ。「オールフラッシュディスクの基盤を採用しているため、高速なI/O処理が求められるデータベース用途でもストレスなく利用できます」と話すのはIDCフロンティアで、インフラの選定・調達・構築・運用を担うサービス運用部の最上 恒義氏だ。

株式会社IDCフロンティア
エンジニアリング統括本部
オペレーション本部
サービス運用部
東日本グループ グループリーダー
最上 恒義氏

上位ネットワークは大容量・高速バックボーンネットワークに最大10Gbpsで接続し、L2レベルでIDCフロンティアのサービス間およびデータセンター間を接続できる「バーチャルブリッジサービス」も提供する。

ネットワーク転送量に上限を設けていないため、大量配信や急激なアクセス増にも柔軟に対応可能だ。「できるだけ制約や上限のないサービスを提供し、お客様のビジネスを支援したい。こうした考えからサービス強化と柔軟性向上に努めています」と最上氏は語る。

優れたコストパフォーマンスも大きな魅力だ。使った分だけの従量課金で、どんなに使っても月額上限付き(定額)のため、予算を超えることなく安心して利用できる。「ユーザーインタフェースも日本のユーザー向けに最適設計されており、使いやすいと好評です」と同社でクラウド事業の担当主幹を務める藤城 拓哉氏は話す。

株式会社IDCフロンティア
営業事業推進統括本部
事業推進本部
事業推進部
藤城 拓哉氏

サービスを支えるファシリティも充実している。IDCFクラウドを運用する自社のデータセンターは複数系統の受電体制、無停電電源装置、非常用自家発電機など非常時でも電力を供給できる設備を備えている。「サービスの稼働実績からくるSLAは99.999%で、非常に高い。信頼性に支えられた高品質も大きな強みです」と藤城氏は語る。

データセンターは都市型と郊外型があり、東北から九州まで東西に広く展開している。「これにより、システムの物理的な分散に加え、電力を供給する事業者の分散も可能です。東西のバランスを最適化した高品質かつ可用性の高いデジタルインフラを容易に実現できます」(最上氏)。

“国産回帰”の期待に応えるハイスペックを

近年はDXに取り組む企業が増えたことから、IDCFクラウドの利用も拡大を続けている。その中で最近“ある傾向”が目立つようになってきたという。メガクラウドをメインで利用していた企業がIDCFクラウドに乗り換えるパターンだ。

大きな理由はコストの肥大化だ。最近の円安の影響もあるが、この傾向はそれ以前から目立ちはじめていたという。「いざ使ってみると、大容量のコンテンツ配信やリソースの増大で想定以上にコストが膨らむという悩みを抱えるケースが増えています。その課題の解消に向け、IDCFクラウドをご選択いただいているようです」と藤城氏は分析する。

こうしたニーズの変化を踏まえ、同社はIDCFクラウドの高性能サーバー「HighIOタイプ」である「5XL」プランのインフラ刷新を決断した。「よりパワフルなサービスを最適なコストで、より使いやすく提供するため」だという。

5XLは先述したIDCFクラウドの特徴に加え、物理サーバーを専有できるクラウドサービス。「ベアメタルではなく、仮想サーバーを提供するクラウドサービスですが、1つの物理サーバー上で提供するのは、お客様の仮想サーバーのみ。マルチテナントではないので、ほかのテナントの影響を受けず、マシン性能をフル活用できます、お客様のセキュリティポリシーに沿った柔軟な運用が可能です」と最上氏は説明する。

この特性を継承しつつ、性能・品質・信頼性をより高めたい。SDGsの観点から消費電力の低減も図りたい。これらの要件を軸に、同社は新プランのサービスを支える新たなサーバーインフラの選定を進めた。

「そのときそのときで最善・最良の製品を選ぶのが当社のインフラ選定の方針です。前機種に縛られることなく、フラットな目線で、求める要件やコストを総合判断して決めていきます」と最上氏は語る。

高密度化を可能にする低消費電力が決め手に

選定プロセスでは実際に複数ベンダーの検証機を使って、負荷耐久試験やI/Oスループット試験などを実施。顧客の利用状況を疑似的に再現した環境を構築し、カタログスペックだけでは分からない性能を細かく検証した。その結果、最終的に選定したのがデル・テクノロジーズの「PowerEdge R650」サーバーである。

「前機種を上回るサーバースペック要件を満たしつつ、比較した中で消費電力が最も少なかったのがPowerEdge R650でした。消費電力が少ないので、ラック内により多くのサーバーを搭載でき、集積率が上がる。これが決め手になりました」と最上氏は理由を述べる。

また現行機種のFusion-ioベースのフラッシュディスクはPCIスロット装着型で、RAIDを組むことが難しい。その点、PowerEdge R650はPCIe接続NVMe SSD対応のハードウエアRAIDをサポートしているため、RAID構成を容易に組むことが可能だ。「耐障害性が向上し、万が一、ディスクが破損してもお客様の大切なデータを確実に保護できます。信頼性でも大きなアドバンテージがあると判断しました」と最上氏は続ける。

デル・テクノロジーズのサポート力も高く評価している。コロナ禍による半導体不足の影響から、どのベンダーも予定から何カ月経っても検証機が届かない。「そんな中、デル・テクノロジーズは調達が難しいNICカード以外を先行提供してくれたのです」と話す最上氏。他社にはない融通を利かせた対応により、PoCの準備がスムーズに進み、遅れていた検証作業を1カ月半ほど前倒しすることができたという。

「検証作業中もファームのバージョンアップのほか、VMwareの設定も支援してくれました。きめ細かで迅速なサポートのおかげで、ハードウエアのポテンシャルを最大限に引き出すことができました」と藤城氏は評価する。

Anyインフラ戦略で顧客のDX推進を支援する

IDCフロンティアは現行の「5XL」プランをパワーアップした「7XL」プランをリリースした。既存の5XLユーザーの利用環境は自動的に7XLに引き継がれる。

PowerEdge R650を基盤とする7XLプランの最大の特徴はCPUパワーの強化だ。物理CPUは前機種の20コアから32コアに、仮想CPUのキャパシティも従来の40個から56個に拡大した。ストレージはPCIe接続NVMe対応のSSDを採用しているため、高速なI/O処理を実現する。RAID構成により、耐障害性と信頼性も向上した。

「よりハイスペックかつ高品質なクラウドサービスを低コストで提供できるため、お客様の選択肢が広がります。データベース用途のほか、ハイクオリティな動画配信、高度なデータ解析やシミュレーションなど大量のCPUパワーや高速処理が求められる用途にも幅広く利用できます」と藤城氏は強調する。

同社はあらゆるデジタルインフラが相互につながり容易に利用できる「Anyインフラ」というコンセプトを掲げている。データセンター、ベアメタルサービス、マネージドネットワークサービスなど同社のサービス群を組み合わせることで、パワフルかつ高信頼性のシステム基盤を実現できる。パブリッククラウドサービスとホステッド型プライベートクラウドを組み合わせたハイブリッド環境、Google Cloudなどメガクラウドを組み合わせたマルチクラウド環境も柔軟に構築可能だ。

「7XLプランをはじめとするIDCFクラウドの多様なポートフォリオの強みを生かし、お客様のAnyインフラの実現に貢献していきます」と最上氏は語る。

マルチクラウド時代を見据え、新たなサービス開発も進めている。「IDCFクラウド コンテナ」の新サービスはその1つだ。ネットワーク機能を強化し、データセンターおよびクラウド同士をつなぎやすくするサービスを近く提供する。複数のインフラにまたがるKubernetesクラスターの構築・展開と一元管理がさらに容易に行えるという。アプリケーションの開発・展開もやりやすくなる。SaaS事業はテナントの追加が容易になり、ビジネスの拡大に機敏に対応できるだろう。

「デル・テクノロジーズはDXの取り組みに欠かせない多様な製品やサービスを提供し、幅広い業種のお客様と接点がある。その中で培った知見は大きな強みです。お客様がどんな課題を抱えているのか。それを解決するにはどうしたらいいか。プロダクトの提供だけにとどまらず、デル・テクノロジーズとの共創で新しい価値提供を考えていきたい」と藤城氏は期待を寄せる。

今後もIDCフロンティアはIDCFクラウドの性能・品質、そして価値向上に継続的に取り組み、お客様のデジタルインフラ戦略を強力にサポートしていく考えだ。

撮影場所:WeWork

関連リンク

お問い合わせ

デル・テクノロジーズ株式会社

https://www.dell.com/ja-jp/dt/servers/index.htm