日経 xTECH Special

DIGITAL Foresight 2022 Summer 主催:日経BP 総合研究所  イノベーションICTラボ DIGITAL Foresight 2022 Summer 主催:日経BP 総合研究所  イノベーションICTラボ

INDEX
  • 働き方改革/ウイングアーク1st

インボイス制度対応を契機とした
「企業間DX」の加速がカギを握る

契約や受発注、請求などの業務に関連して、企業では取引先との間で日々膨大な文書をやり取りしている。それにまつわる一連の業務をトータルにデジタル化していこうというのが「企業間DX」だ。特に2023年10月に始まるインボイス制度は、そうした企業間DXを加速させる大きな契機となる。ウイングアーク1stでは「SVF」「invoiceAgent」の提供により、それに向けた企業の取り組みを支援している。

デジタル化の多大な効果が見込める
商取引にかかわる文書交換の領域

ウイングアーク1st株式会社
Business Document事業部
執行役員 兼 副事業部長
名護屋 豊 氏

渡辺 DXというと新規顧客サービスの創出や社内業務の革新に目がいきがちですが、ぜひとも注目しておくべきは「企業間DX」です。現状、企業はこの領域にどのような課題を抱えているのでしょうか。

名護屋 企業のビジネスでは、取引先企業との間で見積書や契約書、受発注書、納品書、請求書といった商取引にかかわる実に様々で膨大な量の書類が日々やり取りされています。中にはEDIのような形でシステム化されているケースもありますが、多くの場合、それらの書類はExcelデータやPDF文書などの形式でメール経由によって送付されています。また、場合によってはFAXや郵便でやり取りしているというケースも少なくはないというのが実情ではないでしょうか。

 企業ではそうした書類のやり取りに膨大な工数を費やしています。言い換えれば、それらの部分をデジタル化、システム化することで、多大な工数、コストの削減が見込めるわけです。そうしたところに企業間DXを推進する必然性があるといえます。

インボイス制度の運用開始が
企業間DX加速の重要な契機

渡辺 外部企業との取引量が多ければ多いほど、より大きな効果が期待できるというわけですね。2023年10月にはインボイス制度の運用が始まります。これはまさに企業間DXを加速させる1つの重要な契機になるといえるのではないでしょうか。

名護屋 おっしゃる通りです。インボイス制度とは、所定の記載要件を満たす「適格請求書(インボイス)」の発行や保存により、消費税の仕入額控除の適用を受けられる仕組みで、売り手と買い手の双方の業務にインパクトが及びます。例えば、売り手側には適格請求書の発行が求められますし、買い手側は受け取った請求書が適格請求書であるか否か、適格事業者の発行したものかどうかなどを確認しなければなりません。

 さらに、発行されたものが適格請求書なのか適格簡易請求書なのかを判定し、当該書類のみで処理できるか、他の書類で記載を補完して充足させる必要があるかなど、様々な判断が介在して業務フローが分岐していく形となり、最終的には交付を受けた適格請求書を「電子帳簿保存法」にのっとって適正に管理することも求められます。

 そうした複雑な業務を旧態依然としたアナログの作業で対応していくというのには、やはり大きな困難が伴います。企業はデジタル化へとかじを切ることが求められるというわけです。

※講演の一部をOn-Demand形式で視聴いただけます。

企業間DXの加速を強力に支援する
帳票基盤ソリューションを提供

渡辺 そうした局面に対しウイングアーク1stでは、どのようなソリューションを提供し、企業を支援していますか。

名護屋 すでに申し上げたインボイス制度や電子帳簿保存法への対応で重要なポイントとなるのが、売り手側が「適格請求書をデータとして送付する」、買い手側は受け取った「紙文書・デジタル文書をデータ化する」「受領した帳票を電子帳簿保存法の要件を満たして保管する」ということです。

 まず、適格請求書のデータによる送付を支援するのが当社の提供する帳票基盤「SVF」「SVF Cloud」です。適格請求書を柔軟な帳票レイアウトで作成できるほか、取引先に対し電子インボイスの標準仕様であるPeppolなどによるデータを帳票とともに送付するといったことも容易に実現できます。

 加えて当社では、帳票データプラットフォーム「invoiceAgent」を提供。AI OCRによるアナログ帳票やPDF文書のデータ化をはじめ、帳票の仕分けや検索、そして電子帳簿保存法の要件に沿った保存に至る一連の文書管理を支援しています。

渡辺 そうしたインボイス制度を1つの契機として、実際には大きなポテンシャルを秘めている企業間の取引業務全般にかかわるデジタル化、すなわち企業間DXの取り組みを強化していく。そのことが企業のDXそのものを加速していくうえでの重要なカギとなりそうですね。

[画像のクリックで拡大表示]
企業間DXプラットフォーム「invoiceAgent」の全体像
AI OCRによるアナログ帳票やPDF文書のデータ化をはじめ、帳票の仕分けや検索、そして電子帳簿保存法の要件に沿った保存に至る一連の文書管理を支援。今後、さらに広範なシステムとのサービス連携が目指されていくことになる。

ウイングアーク1st株式会社

https://www.wingarc.com/


PAGE
TOP