クラウド時代の医療情報セキュリティの考え方

昨今、ランサムウエアに代表されるサイバー攻撃が医療機関にも広がっており、情報セキュリティへの関心が高まってきています。このような状況下、医療情報を安全安心に利活用を進めていく上で、どのような対策が必要か、業界セキュリティ団体である医療ISAC代表理事深津様を迎え、医療機関のセキュリティ対策に関する現状と課題、そしてマイクロソフトのセキュリティ対策やクラウド利用による課題対応方法についてお話させて頂きます。

一般社団法人医療ISAC
代表理事
深津 博 氏

1960年愛知県生まれ。名古屋大学医学部卒業。放射線科医
2009年より愛知医科大学医療情報部長・教授
2014年より一般社団法人メディカルITセキュリティフォーラム代表理事
米国のHealth ISACと包括的な業務提携を契機に2019年より医療ISACに改称。医療分野
におけるサイバーセキュリティの情報発信、セミナー開催、セキュリティ診断、コンサルテーション等を行っている。

日本マイクロソフト株式会社
技術統括室 Chief Security Officer
河野 省二 氏