デジタル変革(DX)の未来像を探る

エンタープライズDX

Box Japan

攻めと守りでDX推進を支える
Boxのコンテンツクラウド

企業の命題となるDX推進では、様々な業務システムやクラウドサービスを連携させて、柔軟で効率的かつ安全にコンテンツを共有・活用できる新しいビジネス環境が欠かせない。コンテンツの一元管理による業務効率や利便性の向上といった「攻め」と、強固なセキュリティの「守り」の両面から、その「ビジネス基盤」となるBoxのコンテンツクラウドの特長を解説する。

株式会社Box Japan
マーケティング部
シニア プロダクトマーケティング マネジャー
竹内 裕治

 DX推進のカギを握るのが、業務の成果物である仕様書、設計図、見積書、請求書などの各種ファイルや動画などのコンテンツの共有だ。

 だが、そのコンテンツがファイルサーバーやメールサーバー、個人のPCなどに分散して保管された状態では、社内外の関係者が共有・活用するのは難しい。また、セキュリティポリシーもシステムごとに管理され、統一的な適用ができなかったり、個人のPC管理のミスでコンテンツが漏洩したりするリスクもある。

 こうしたコンテンツの利用に関わる課題を解決するのが、Boxのコンテンツクラウドだ。全社のコンテンツを一元管理するビジネス基盤として機能し、社内のあらゆる事業部門、社外の関連会社、パートナーなどと安全にコンテンツを共有・活用できる「このコンテンツクラウドを基盤に、企業のDXにつながる働き方へとビジネス環境を変えられます」とBox Japanの竹内裕治氏は話す。

「攻め」と「守り」で
企業の成長を支える

 Boxのコンテンツクラウド内に業務に関するあらゆるコンテンツを格納し、社内外で安全・簡単に共有できる環境をつくることにより、業務の利便性と生産性、スピードが向上する。

 コンテンツの共有と活用を促進する上で重要になるのが、コラボレーション&ワークフローおよび業務システムの連携・統合だ。Boxは無制限のストレージ容量、自動バージョン管理、セルフサービスで起案できるワークフローや電子署名などの特長があり、コラボレーション&ワークフローを支援する。

 また、API連携により、他の業務システムやツールから透過的にBoxのコンテンツを共有できる。

 「Boxにコンテンツを集約し、様々な業務システムやツールと連携することで“攻め”のビジネスが可能になります」と竹内氏は強調する。

ビジネスを支えるBoxのコンテンツクラウド
コンテンツを一元的に管理することで場所や端末を問わず安全・便利に共有・活用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、コンテンツクラウド利用時の二要素認証や7段階のアクセス制限をはじめとする基本的なコンテンツ保護機能に加え、「うっかりミスによる情報漏洩を防ぐスマートアクセスや脅威検知、ランサムウエアへの対応など、コンテンツレベルに解像度を上げたセキュリティ対策が可能です」と、竹内氏はBoxによる強固な“守り”を説明する。

 竹内氏はコンテンツクラウドで情報共有を加速する企業や、DX推進の基盤にする企業などの活用例も紹介した。

 「ビジネスの中心にはコンテンツがあり、“攻め”と“守り”の両面からBoxのコンテンツクラウドが働く環境を変え、DX推進を支援します」と竹内氏は強調した。

お問い合わせ

株式会社Box Japan
URL:https://www.boxsquare.jp/

関連リンク

DX最新事例が集結!
「BoxWorks Digital Tokyo 2022」開催(2022年7月6日-7日)
URL:https://boxworks.jp/?mparam=m37

Page Top