デジタル変革(DX)の未来像を探る

HRテック&ラーニングテクノロジー

プラスアルファ・コンサルティング

IT活用によるタレントマネジメントで
人事業務の効率化と人材活用に向けたDXを推進

人事DXでは、社員データの一元化や人事評価など人事業務の効率化のみならず、人材の育成や最適配置、パフォーマンスの最大化による組織力の向上といったタレントマネジメントを実現する。マーケティングの発想を取り入れたシステム「タレントパレット」の特長や導入事例を交え、企業に求められる人事DXについて説明した。

株式会社プラスアルファ・コンサルティング
取締役副社長
鈴村 賢治

 ITを活用して消費者の購買行動などを見える化するマーケティングが叫ばれるようになって久しいが、昨今、人事におけるデータ活用の重要性が増している。人事DXで注目されるタレントマネジメントとは、社員のスキルや知識・経験、働きぶりなど人材データを見える化し、科学的に活用することにより、組織のパフォーマンスを最大化することだ。

 人事のIT活用が遅れている大きな要因は、採用・育成・配置・評価・活躍(抜てき)といった人材に関わるフェーズで様々なシステムが導入され、データが散在していることにある。

 マーケティングは1つの顧客IDで購買履歴などを分析する。人事も同様に、採用から活躍のフェーズまで1つの社員IDにすべての社員情報を統合し、活用できる仕組みをつくる。このように「人事DXのIT活用は情報基盤の整備による業務効率化から始まります」とプラスアルファ・コンサルティングの鈴村賢治氏は語る。その情報基盤となるのが、タレントマネジメントシステムの「タレントパレット」である。

人材活用の「タレントパレット」で
科学的な人事戦略を支援

 タレントパレットは、人材データを社員にひも付けて一元管理する「人材の見える化」や、人事異動をシミュレーションし、人材要件から必要人材の自動レコメンドが可能な「人材の最適配置・抜てき」、スキルや資格を登録し、社員個人に適した研修やeラーニングをレコメンドして社員の自律的な成長を支援する「人材育成・研修管理」などの機能がある。タレントパレットは人事業務の効率化のみならず、人材データを分析・活用することで、経営・人事戦略の意思決定の高度化など、科学的な人事戦略を支援する。

 企業が導入済みの人事管理システムは給与や勤怠などの人事管理を行うのに対し、タレントパレットは人材活用のためのタレントマネジメントを担う。「人材管理システムとタレントパレットのそれぞれのデータを連携し、人事管理と人材活用の両輪を回しながら、意思決定が行えます」と鈴村氏は述べる。

 タレントパレットは700社(21年9月時点)を超える企業が導入。国内に数百店舗を展開するアパレル会社では、表計算ツールで行っていた人事データの集計作業の手間と時間を大幅に削減。加えて、人事異動時に本人が希望する業務と能力が見える化できるなど、IT活用による人事業務の効率アップを実現する。

 人事DXを成功させるには、情報の登録・更新が非常に重要になる。タレントパレットは人事情報、異動履歴やスキル・能力などの情報を社員自身がスマホを使って入力できるといった特長もある。

 そして、能力や経験を生かした最適配置など、人事業務の効率化の先にある人事データ活用法を説明。「人事管理の発想から、人材情報活用へと発想を転換し、クリエイティブな人事戦略を進めてください」と鈴村氏は語った。

人事DXのIT活用は情報基盤の整理による業務効率化から
社員にひも付けて採用~活躍までのデータを一元管理し、活用までつなげていく
[画像のクリックで拡大表示]

お問い合わせ

株式会社プラスアルファ・コンサルティング
URL:https://www.talent-palette.com/

Page Top