デジタル変革(DX)の未来像を探る

営業支援/マーケティング

SATORI

MA領域における取り組みの推進が
DX加速に向けた起爆剤となる

DXの加速に向けて効果的なアプローチとなるのが、事業成長に影響が出やすい部分でスモールスタートによる取り組みを進め、早期に成果を出していく方法だ。その観点で最適な対象となるのが、「マーケティングDX」の領域。Webサイト上での匿名顧客の行動把握などユニークな機能で知られるMAツール「SATORI」が、その推進を強力に支援する。

SATORI株式会社
マーケティング部
部長
相原 美智子

 日本企業のDXの進捗は、海外企業に遅れをとっているとの指摘は多い。「DXの推進において重要なポイントとなるのが、事業成長に影響が出やすい部分のスモールスタートでの着手です。外部の専門家の力も借りながら無理のないリソースで取り組みを進めて、早期に成果を出していくというアプローチが効果的でしょう」とSATORIの相原美智子氏は提言する。

 そうした要件を満たす最適な取り組み領域となるのが「マーケティングDX」だ。その推進は売上を伸ばすという事業上の成果に直結し、またマーケティングオートメーション(MA)ツールの導入によって少ない予算で小さく始められる。さらに、MAツールのベンダーなどからノウハウを伝授してもらうことも可能だ。

匿名顧客のアクセス履歴を管理し
購買意向の程度を判定可能

 今日では、様々な製品・サービスの購買プロセスがWebに大きくシフトしてきている。顧客はまず、Webで検索してどういうサービス・製品が自らのニーズに合致するのかを検討。その後、具体的な製品・サービスを取り扱う売り手のサイトを訪れる。そして、その商材の内容が望ましいものであれば、Web経由で資料を取り寄せて検討を行い、最終的には営業担当者に会うなどして実際の商談に入ることになる。

 こうした購買プロセスを念頭に置いたとき、売り手側の企業にとっては、自社の商材の優位性をしっかりと訴求できるようWebサイトのコンテンツを拡充し、顧客からの問い合わせや資料請求を受け付ける動線を設けることが不可欠である。

 さらに、見込み顧客の検討を促進し、購入を後押しするような、キラーコンテンツを整備することも重要だ。例えば、利用者の声や事例を紹介するページや見積もりシミュレーションなどだ。

 ただしサイトを訪れた顧客候補が、資料請求などのために自分の情報を登録してくれるまでは、いわば匿名状態にある。「そうした顧客候補にどうリーチしていくかという問題は、Webマーケティングにおける重要な課題です。その課題解決に貢献できることが、当社のMAツール『SATORI』の大きな特長です」と相原氏は強調する。

 「SATORI」では、匿名顧客のアクセス履歴を実名顧客と共にデータベース化して一元管理でき、サイト上での行動から購買意向の程度を判定可能。その結果に応じてプッシュ通知やポップアップ、フォームやバナーなど、パーソナライズされたコンテンツを表示して、リードナーチャリングを行い、ホットリードの創出につなげていける。

 独自の視点で企業のマーケティングDXを強力に支援するMAツールである「SATORI」に、今大きな注目が集まっている。

「SATORI」がカバーする購買プロセス
Webサイトにアクセスしてきた顧客が匿名状態にある段階からその行動履歴を把握できる
[画像のクリックで拡大表示]

お問い合わせ

SATORI株式会社
URL:https://satori.marketing/

Page Top