デジタル変革(DX)の未来像を探る

エンタープライズDX

UiPath

AI×RPAによる自動化の新展開
人間にしかできない創造的業務へ

定型業務を自動化するRPAと、判定・判断など非定型業務を自動化するAI。この2つをシームレスに連携させれば、自動化の範囲を大きく広げることができる。これによって実現されるのは、単なる作業の効率化やコスト削減だけではない。これまで時間が足りず手が回らなかった本来の業務に集中し、新しいサービスやビジネスを作ることが可能となる。

UiPath株式会社
ソリューション本部
アドバンスドテクノロジーアーキテクト部
部長/エヴァンジェリスト
鷹取 宏

 RPAはデータ収集・加工、入力・突合、出力・報告といった大量の定型作業を、人間の数倍から数十倍といった処理速度で、正確に休みなく実行することができる。ただし検査や分類、分析など人間の判断が伴う作業をRPAで自動化することはできない。

 一方でAIは、人間が行っていた判断や判定といった非定型業務を自動化することができる。ならばすべての業務をAIに任せればよいのかというと、それほど単純にはいかない。例えば「サンプルデータを収集してAIに渡す」「AIが判断・判定した結果を基にデータを分けてシステムに登録する」といった、前後の処理作業はどうしても人間が行う必要がある。要するにAIだけでは人間が行う定型作業までは自動化できないのである。

 UiPathの鷹取宏氏は、「RPAとAIはいわば互恵関係、補完関係にあり、この2つを組み合わせることで、自動化対象となる業務範囲を大きく拡張することができます」と説く。

 では、誰がどうやってRPAとAIをつなげるのか。その役割を担うのがUiPathだ。「UiPath Platformにおいて、RPAが神経のようなHUBとなり、目の役割のAI(画像認識)や頭脳の役割のAI(機械学習)、耳と口の役割のAI(言語・音声認識)と、様々な情報システムや汎用パッケージ、各種データをつなぎます」と鷹取氏は訴求する。

AI Center × UiPathにより
様々なAIモデルを活用

 UiPathは今から約2年前にRPAベンダーからオートメーションプラットフォーマーへと製品戦略を転換し、エンタープライズ規模で様々な業務を自動化するために必要なソリューションをフルラインアップで取りそろえている。そしてこのプラットフォームの一環として、2021年3月より提供を開始したのが「AI Center」だ。

 「AI Centerの最大の特徴は、自社が作ったAIモデルやUiPathが用意している学習済みのAIモデル、UiPathパートナーのAIモデルなどを、簡単にUiPathのロボットと連携できることです。AIモデルを選んでワークフローにドラッグ&ドロップするだけで、素早くビジネスの現場に展開することができます」と鷹取氏は語る。

 RPAとAIを組み合わせることで、「業務自動化の範囲を拡張することができる」と先に述べたが、加えてAI Centerにより、「すぐにAIを試す」「現場でAIを活用する」といったことが可能となるのである。

 これによってもたらされる効果は、単に業務時間や人件費が削減されるといったことだけではない。「RPA×AIによって、創出された新たな時間を使って、人にしかできないより創造的な業務に専念してください」と鷹取氏は説く。これこそがまさに自動化によって得られる、本当の意味での価値なのである。

UiPath AI CenterとRPAとの連携のイメージ
様々なAIモデルとの接続を容易にすることで、AIを素早くビジネスの現場に展開する
[画像のクリックで拡大表示]

お問い合わせ

UiPath株式会社
URL:https://www.uipath.com/ja/

Page Top