一人ひとりの住民に最適なサービスを千代田区が描く自治体DXの理想像とは

デジタル庁の発足を皮切りに、大きく動き出した日本の行政DX。今後は市区町村といった基礎自治体においても、デジタルによる改革が一段と加速していくことになる。とはいえ、実際に取り組みを進めていく上では、課題となる点も決して少なくない。これからの自治体DXのあるべき姿について、東京都・千代田区長の樋口 高顕氏と、デロイト トーマツ コンサルティングの大濵 憲氏、出水 裕輝氏が語り合った。

従来型の行政運営はもう限界
千代田区が抱いた危機感とは

一人ひとりの住民を起点とした
「住民CRM」の実現を目指す

ベストプラクティスの活用が
改革のスピードを加速する