デジタルガバメントが実現する豊かな未来

Sponsored by 富士通株式会社

人々が豊かさを実感し、安心して暮らせる未来を創る――。
その鍵となるのはデジタルガバメントの実現である。デジタル技術とデータを活用して、利用者目線に立って新たな価値を創出するDXを推進し、行政のサービスや仕組みを変えるだけではなく、社会全体の変革を促す。富士通は社会課題の解決にフォーカスし、市民、行政、ビジネスパートナーと共に、デジタルガバメントの実現に向けて様々な挑戦を続けている。有識者からの提言も交え、これからのデジタルガバメント像を探る。

富士通が考える
デジタルガバメントのあり方

デジタルガバメントの目的は、「社会課題を解決し人々が“心の豊かさ”を感じられる社会を創ること」であると富士通は考える。それには利用者視点に立った課題発見と、使いやすさにこだわった問題解決アプローチが不可欠である。トラストを軸としたデジタル技術を活用し、官と民が連携して新しい公共サービスを創るとともに、社会全体のDXを推進する。富士通は同じ志を抱く仲間たちと豊かな未来を共創していく。