業務部門とIT部門の「共創」がDXに向けたシステム内製化のカギ - 日経クロステックSpecial

DX推進を念頭に、システムの内製化へかじを切る企業が増えている。成否のカギを握るのは、企業システムの全体最適を担うIT部門と、現場のデジタル化に参画する業務部門の両者による「共創」だ。グレープシティは、ノーコード開発プラットフォーム「Forguncy」によって、業務部門が無理なく開発を進められる環境を用意。同時に、データの分断の解消、チームでの開発・運用を支援する機能なども提供することで共創のスムーズな実現を支えている。

変革の基盤になる内製化と「共創」 これを阻む現状の課題とは

組織内のデータ資産を活用するサブシステムを迅速に構築できる

小さく始めて徐々に成功体験を拡大 現場の意識の変化にもつなげる