教育とICT OnlineSpecial

ICT活用事例/東京都立三鷹中等教育学校 ハイスペックなPC環境を整備 「メディアラボ」で生徒の創造性を大きく伸ばす

東京都立三鷹中等教育学校がハイスペックなPC環境を備えた「メディアラボ」を開設し、実証研究をスタートしてから1年が経過した。なぜ、メディアラボを設置したのか。生徒は1年を通してどのように活用し、どのような教育効果を得たのか。マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」を設置したメディアラボの取り組みについてレポートする。

求められる高性能端末
クリエイター向け「DAIV」を導入

能城 茂雄 氏 東京都立三鷹中等教育学校
主幹教諭 情報科
能城 茂雄

 東京都立三鷹中等教育学校は2021年3月、第1CALL教室内にハイスペックなPC環境を備えた「メディアラボ」を設置し、実証研究を開始した。

 メディアラボは同校とインテル株式会社、アドビ株式会社を中心に、高度なICT環境を整えることで、生徒の創造性を最大限に伸ばすことを目的につくられた教室である。「環境が整っていれば、生徒は自らクリエイティブに学ぶ」というコンセプトの下に始動している。

 三鷹中等教育学校でメディアラボを推進してきた主幹教諭 情報科の能城茂雄氏は、設置の経緯について「生徒がクリエイティブな活動を行うためには、GIGAスクール構想で示されている『標準仕様』の端末では不十分で、よりハイスペックな端末の整備が必要だと考えました。高機能端末を自由に活用できる環境を用意すれば、生徒は大人の想像を超えた創造性を発揮してくれます」と話す。

 メディアラボには、同校の第1CALL教室にある既存のPC40台に追加されるかたちで8台の高性能PCが設置されている。その8台に選ばれたのがマウスコンピューターの「DAIV」である。CPUに納品当時最新の第10世代Core i7、メモリは32Gバイト、NVIDIA GeForce RTX2060 SUPERのグラフィックボードを搭載する、クリエイター向けの端末だ。

 そのほか、メディアラボには31.5インチの4K対応iiyama液晶ディスプレイが設置され、ソフトウェアにはアドビ社の「Creative Cloud」のライセンスが配布されている。さらに、50TBのネットワークハードディスク(NAS)も導入し、DAIV8台と10GbEで接続している。

 能城氏は「メディアラボは、まさにプロのクリエイターも満足できる万全の環境が整っています。DAIVを活用すれば、4Kで撮影した動画データもスムーズに編集できます」と説明する。

 メディアラボのある第1CALL教室は、朝の8時から生徒が下校する時間まで開放されている。生徒は普段持ち歩く通常授業用の1人1台端末とともに、メディアラボの高性能端末をいつでも自由に活用できる。

 「生徒は通常の学習における負荷のかからない作業では1人1台用の端末を使い、動画の編集やプログラミングなど、創造性を発揮する作業にはメディアラボのDAIVを活用します。シーンに合わせて生徒たちは使い分けができます」(能城氏)

部活紹介の4K動画も簡単に編集
生徒にも教員にも大好評

DAIVを活用して動画を編集する小西姫奈さん DAIVを活用して動画を編集する小西姫奈さん

鉄道研究部の部活紹介動画 鉄道研究部の部活紹介動画

 実際に、メディアラボではどのような取り組みが行われているのだろうか。

 今春、同校を卒業した小西姫奈さんは、生徒会や校外でのクリエイティブ活動において、メディアラボで最も「DAIV」を活用した一人だ。

 今回のコロナ禍を通じ、小西さんは生徒会活動の一環として新入生向けに部活動の紹介動画を制作した。ディレクター兼プロデューサーとして30近くの部活と交渉し、学校が用意した4Kカメラを活用して動画を撮影・編集した。

 小西さんは当時の様子について、「4Kで撮影した動画を自宅のPCで編集することもありましたが、やはり大きな負荷に耐え切れず、固まってしまいました。一方で、メディアラボのDAIVは驚くほどサクサクと動き、すべてが快適でした」と話す。

 部活動の紹介動画では、コロナ禍で出演者がマスクを装着するため、音声と画面を別撮りし、それぞれを編集するなど、手間のかかる作業も発生した。しかし、マルチタスクにも耐えられる高性能なDAIVと4K大型ディスプレイで楽しく制作できたという。

 同校ではメディアラボの開設以降、希望する生徒に向けて動画編集講座も開催している。同講座でDAIVを活用し、アドビ社の「Creative Cloud」の動画制作アプリの使用法を学んだ生徒からは、その端末の使い心地の良さに大きな反響があった。能城氏は、「DAIVの利便性の高さが口コミで広がったこともあり、この1年を通じて意欲のある生徒たちが次々とメディアラボを訪れました。メディアラボのDAIVを活用することで、生徒たちの動画編集スキルが一気に高まりました」と話す。

 実際に活用した生徒からは、「DAIVを自宅に持って帰りたい」という声が次々と上がるとともに、教員からは「職員室のPCとして利用したい」という要望も出ているという。

将来の可能性を広げるべく
中高時代から「本物の道具」を

 今春卒業した小西さんだが、メディアラボでは彼女の後を継ぎ、後輩たちが続々と生徒会や文化祭向けのクリエイティブな作業を行っている。「メディアラボの高性能なDAIVを使いこなして、高いスキルでプロ顔負けの独創的な映像を制作する後輩もいます。分からないことがあれば、ラボ内で助け合えるので、お互いに高め合いながらIT技術を磨けます」(小西さん)

 最後に、能城氏はメディアラボの意義についてこう語った。

 「将来、生徒たちが大学や社会でクリエイティブな仕事に就くことを考えると、中・高生のときから『本物の道具』を使っておくべきです。高性能な端末に触れることで、最新の技術がどれだけ素晴らしいのかを生徒に実感してほしいと思っています。その点で、メディアラボは、生徒たちの未来の可能性を大きく広げるスペースとなっています」

井田 晶也 氏 インテル株式会社
執行役員
第一営業本部 本部長 兼
クライアントコンピューティング
事業統括
井田 晶也

竹元 賢治 氏 インテル株式会社
パブリックセクター・
スマートシティ事業推進部
教育事業推進担当部長
竹元 賢治

さらに進化した
「STEAM Lab」を始動

 インテル株式会社は、今回の三鷹中等教育学校のメディアラボの開設において、端末の整備などで大きな役割を果たしてきた。
 同社・教育事業推進担当部長の竹元賢治氏は、「1人1台端末が浸透するなか、次のステップとして生徒たちのさらなるICTスキルの向上が予想されました。そこで、より高性能でクリエイティブな環境を提供すれば、生徒の創造性をどこまでも伸ばせるのではないかと考え、実証研究に取り組みました」と説明する。
 実証研究で実際に導入されたDAIVについて、同社・第一営業本部本部長の井田晶也氏は、「マウスコンピューターさんは、クリエイター向けPCのDAIV、ゲーミングに特化したG-Tune、ビジネス向けPCのMouseProなど、ハイスペックPCを豊富に取り揃えています。そのため、各学校のニーズに合わせた端末を整備できる点が強みです」と話す。
 同社は、三鷹中等教育学校のメディアラボの実績を踏襲して、今春、さらに進化させた「STEAM Lab」を始動した。
 「STEAM Lab」とは、科学、技術、工学、芸術、数学といった分野を横断する「STEAM教育」を実践するために、高性能PCや3Dプリンター等の周辺機器を整備した教育の場。現在、全国の小・中学校をはじめ18の教育機関で整備し、実証研究を進めている。井田氏は、「子どもたちのキャッチアップはとても速く、GIGA端末をすぐに使いこなし、より高性能な端末を求める教育現場が増えています。そうした需要に、STEAM Labは応えていきます」と抱負を述べている。

DAIV Z7 intel

第12世代CPU搭載の
DAIV Z7(プレミアムモデル)

Windows 11 インテル® Core™ i7-12700 プロセッサー グラフィックス GeForce RTX™ 3060 メモリ容量 32GB(16GB×2 / デュアルチャネル)M.2 SSD 512GB ハードディスク 2TB 無線 インテル® Wi-Fi 6 AX201蔵 本体重量 約11.5kg

※2022モデルスペック

東京都立三鷹中等教育学校納入モデルは2021年モデルになります。

株式会社マウスコンピューター

【個人】https://www.mouse-jp.co.jp/
TEL:03-6833-1010(9時〜20時)

【法人】https://www.mouse-jp.co.jp/store/brand/mousepro/
TEL:03-6833-1041(平日:9時〜12時/13時〜18時、土日祝:9時〜20時)