日経ビジネスLIVE 2022 Summer レビュー日経ビジネスLIVE 2022 Summer レビュー

人的資本投資の今をLIVE発信
人材育成や能力開発に発想の転換を

アルー

適応課題を含めた研修設計で
人的資本経営の実現を支援する

「モノ」から「コト」へのシフトのなかで、企業と人材が平等な立場で関係性を築く「人的資本経営」が重視されている。しかし、制度変更や研修をしても期待どおりの効果が上がらないことが多い。その理由として挙げられるのが「適応課題」へのアプローチができていないことだ。
アルー株式会社
代表取締役社長
落合 文四郎
アルー株式会社
エグゼクティブコンサルタント
Alue Insight 編集長
中村 俊介

 工業化社会では「モノ」をつくって価値を生み出してきた。しかし、今はモノと人の組み合わせで価値を生み出す「コト」が主体になっている。そこで注目されているのが企業と人材が対等で共にあるべき姿を追求する「人的資本経営」の実現だ。

 その実現に向けて人事制度を改定したり、研修を実施したりする企業は多いが、期待どおりの効果は得られていないのが現実だ。アルーの落合文四郎氏は「カギとなるのは管理職の育成です」と指摘する。管理職が変わることで企業文化は大きく変わっていく。

 しかし、多くの企業では人材の課題の捉え方に誤解がある。知識やスキルなどの「技術的課題」以外にも価値観や信念などの「適応課題」があることだ。落合氏は「人を動かすためにはソフト的な適応課題のアプローチも必要になります」と語る。適応課題を解決するには従来のメンタルモデルの一部を変更する必要も出てくることもある。

企業文化を変えるためには
一定期間の研修設計が必要

 アルーの中村俊介氏は「人的資本経営を実現する管理職育成のための研修設計のポイントは2つあります。技術的課題と適応課題の両面を扱うことと、適応課題に向き合う力を育てるために“点から線”を意識した研修設計の実施です」と語る。

 従来の研修は、従来の技術的課題に寄りがちで、適応課題へのアプローチが欠けていることが多い。上下関係や価値観を変えるには、適応課題に踏み込まなければ効果は期待できない。

 しかし、歴史や成功体験によって育まれてきた企業文化は一朝一夕では変わらない。「管理職自身が適応課題に気づき、変えるための実験をして観察し、実際に変わっていくには3カ月、半年といった期間の研修が必要です」と、中村氏は研修設計の大事さを説く。

 落合氏は「過去を否定するのではなく、その流れから新たな歴史をつくろうというイメージが大事です」と話す。個社固有の文脈を踏まえたうえで両面の課題を扱った、点から線を意識した研修設計が今求められているのである。

人的資本経営を実現するための管理職育成のポイントは、“点から線”を意識した研修設計の実施

お問い合わせ

アルー株式会社
コンセプトデザイン部
TEL : 03-6268-9791