「責任共有モデル」を正しく理解せよ 組織を守るクラウド活用の勘所 ビジネスとITが不可分になった現在、経営上の重要ミッションの1つとなるのが情報セキュリティ対策だ。クラウドをはじめとする新技術が次々登場し、企業を取り巻く状況や制度・ルールも目まぐるしく変化する中、組織の安全と持続的成長をどう実現すべきか ――。国の情報セキュリティ評価制度の設計にもかかわるなど、豊富な知見を持つPwCあらた有限責任監査法人に、これからの企業が押さえるべきポイントを聞いた。

クラウド・バイ・デフォルト原則を
補完する「ISMAP」の運用がスタート

クラウドセキュリティ領域で
10年以上の実績と経験を保有

安全なクラウド利用の要となる
「責任共有モデル」の理解

PAGE TOP