市民開発による全員参加型DXでハイパーオートメーションを実現 - 日経クロステックSpecial

DX推進に向け、多くの企業がアプリケーション開発のスピード化に取り組んでいる。しかし、増え続ける開発要求に対応するにはローコード開発による生産性の向上だけでは不十分だ。開発プロセス全体を簡素化・民主化する新しいアプローチが求められている。ServiceNow Japanの講演では、そのための環境構築のポイントと、企業が目指すべき将来像について解説された。

市民開発を推進するには運用も支えるプラットフォームが必要

ノーコードアプリ開発を支援するテンプレートとガバナンスを実装

あらゆるものを自動化しServiceNowのワークフローにつなげる