企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)はかつてない勢いで進展し、的確なデータ分析に基づいて迅速に意思決定を行う機運も高まっている。そうした中で、データ活用DXを外注せず、自社内で進めようという企業が増加しているが、IT人材が圧倒的に不足している状況ではなかなかうまくいかないのが現実だ。日本マイクロソフトはそのような課題の解消に向け、データ活用DX内製化をサポートするプログラムを提供している。企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)はかつてない勢いで進展し、的確なデータ分析に基づいて迅速に意思決定を行う機運も高まっている。そうした中で、データ活用DXを外注せず、自社内で進めようという企業が増加しているが、IT人材が圧倒的に不足している状況ではなかなかうまくいかないのが現実だ。日本マイクロソフトはそのような課題の解消に向け、データ活用DX内製化をサポートするプログラムを提供している。

企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)はかつてない勢いで進展し、的確なデータ分析に基づいて迅速に意思決定を行う機運も高まっている。そうした中で、データ活用DXを外注せず、自社内で進めようという企業が増加しているが、IT人材が圧倒的に不足している状況ではなかなかうまくいかないのが現実だ。日本マイクロソフトはそのような課題の解消に向け、データ活用DX内製化をサポートするプログラムを提供している。

ローコードのツールを活用して
データ分析のノウハウを習得

インフラ整備で重要なのは
低コストと本番環境への拡張性

内製化には、的確な人員配置と
果敢に挑戦する企業風土も必要

関連リンク

お問い合わせ