社内データの活用は進めているものの、それだけで十分なのか――。最近はこのような疑問を持つ企業が増えている。しかし、サイロ化したシステムでは企業間のデータ共有や共創を行うことは難しい。その解決策として期待を集めているのが、クラウドベースのプラットフォームを用いて、エコシステムも含めたすべてのデータの一元的な利活用を実現する「データクラウド」である。Snowflakeの講演では、それを具現化した「Snowflakeプラットフォーム」の全体像やメリット、活用例が紹介された。社内データの活用は進めているものの、それだけで十分なのか――。最近はこのような疑問を持つ企業が増えている。しかし、サイロ化したシステムでは企業間のデータ共有や共創を行うことは難しい。その解決策として期待を集めているのが、クラウドベースのプラットフォームを用いて、エコシステムも含めたすべてのデータの一元的な利活用を実現する「データクラウド」である。Snowflakeの講演では、それを具現化した「Snowflakeプラットフォーム」の全体像やメリット、活用例が紹介された。

社内データの活用は進めているものの、それだけで十分なのか――。最近はこのような疑問を持つ企業が増えている。しかし、サイロ化したシステムでは企業間のデータ共有や共創を行うことは難しい。その解決策として期待を集めているのが、クラウドベースのプラットフォームを用いて、エコシステムも含めたすべてのデータの一元的な利活用を実現する「データクラウド」である。Snowflakeの講演では、それを具現化した「Snowflakeプラットフォーム」の全体像やメリット、活用例が紹介された。

組織を超えたデータ共有を可能にする
「データクラウド」の3つの要素

「コピーして加工」を行うことなく
安全で適切なデータ共有が可能

業界ごとに存在するデータクラウド
わずか2年で急速に利用が拡大

関連リンク

お問い合わせ