「アメリカ大豆」が支える植物性たんぱく質食品の最新動向をチェック プラントベースフードのNEXTトレンドとは?

NEXTトレンド2

プラントベースのヒット商品はよりサステナブルな製品作りへ

今春にリニューアルする「TOFFU PROTEIN」シリーズにSSAP認証マークを導入

アサヒコ マーケティング本部 池田 未央さん
写真:池田 未央さん

「『TOFU BAR』は、いつもの朝食やランチに1本プラスしていただくだけで、手軽にたんぱく質が摂れる商品です。『TOFFU PROTEIN』シリーズの新作として、2021年秋に発売した『豆腐のおやつ』のプリンは、豆乳をにがりで固め、てんさい糖を使って体に優しい甘みをつけています。1個でたんぱく質4.7gを摂れるのが魅力です。『TOFFU PROTEIN』シリーズは、体にいらないもの、環境に負荷がかかるものはなくして、必要な植物性たんぱく質を摂りましょうというのがコンセプトです。ですから、原料の大豆も永続的に収穫できるサステナブルなものでなくてはいけないと考え、今春のリニューアルからSSAP認証マークを導入する予定です」

写真:豆腐のおやつプリン、たんぱく質10gの豆腐バー、豆腐のお肉ガパオ
植物性たんぱく質を手軽に摂取する「TOFFU PROTEIN」シリーズ

「ヘルシー」「ファッション」の次は「サステナブル」で日本の伝統食を世界へ

相模屋食料 代表取締役社長 鳥越 淳司さん
写真:鳥越 淳司さん

「“女性向けのおとうふ”を意識して商品開発を進める中で、2015年『東京ガールズコレクション』に出展し、モデルさんに豆腐を持ってランウェイを歩いてもらいました。そのときの歓声や弊社の出展ブースに並ぶ若い女性たちを見て、日本の伝統食の豆腐が現代女性にとっても受け入れやすいものであることを再認識しました。この延長線上にあるのが、“とうふを超えたとうふ”がコンセプトの『BEYOND TOFU』です。次は『サステナブル』で世界に向けて豆腐をアピールしていきたい。今春から『ひとり鍋』シリーズにSSAP認証マークを導入予定で、サステナブルフードとしての地位確立にチャレンジしたいです」

写真:濃厚豆乳たっぷりスンドゥブ
豆腐が主役の「ひとり鍋」
写真:BEYOND TOFU シュレッド
植物性100%の「BEYOND TOFU シュレッド」

豆乳を発酵させた「ソイビオ豆乳ヨーグルト」で植物性ヨーグルトのジャンルを確立

ポッカサッポロフード&ビバレッジ
レモン・プランツミルク事業本部 事業企画部
プランツミルク グループリーダー
小笠原 千春さん
写真:小笠原 千春さん

「『ソイビオ豆乳ヨーグルト』は豆乳を乳酸菌で発酵させているため、イソフラボンの一部が吸収されやすいアグリコン型に変化していて、効率よくイソフラボンが摂れる商品です。『ソヤファーム 豆乳で作ったヨーグルト』シリーズは、血清コレステロールを低下させる働きがある大豆たんぱく質を含んだ特定保健用食品(トクホ)です。健康志向の高まりで、お客様が植物性の食品を求める機会が増えていると感じています。大豆は、環境への負荷が少なく、植物性たんぱく源として様々な商品に活用できるのが魅力です。豆乳ヨーグルトを主体に、サステナブルフードをより広く伝える場をつくっていきたいと考えています」

写真:SOYBIO豆乳ヨーグルトプレーン無糖
イソフラボン×乳酸菌「ソイビオ豆乳ヨーグルト」
写真:豆乳で作ったヨーグルトプレーン
特定保健用食品 「ソヤファーム 豆乳でつくったヨーグルト」

■許可表示:本品は豆乳を原料とし、血清コレステロールを低下させるはたらきがある大豆たんぱく質を摂取しやすいように工夫されているので、コレステロールが気になる方の食生活の改善に役立ちます。

■食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

NEXTトレンド3

日本でも広がるSSAP認証マーク

このマークに注目! SUSTAINABLE U.S.SOY

環境への負荷が少なく、サステナブルな方法で生産された大豆とサプライチェーン業者に対し、出荷先の要望に応じて、輸出時に証明書を発行する制度。4つのルールに基づき「サステナブルなルールを守って生産された大豆」であることを証明する認証マークも発行している。

「アメリカ大豆のサステナビリティ認証」の4つのルール


  • 生物多様性と生態系の維持

    生産地域を制限して、森林を伐採せずに、生態系を守りながら生産する


  • サステナブルな生産活動

    「保全耕起法」他の法律に基づき、輪作やGPS技術などを活用した精密農業を取り入れ、環境を守りながら生産活動を行う


  • 生産農家の労働環境改善

    労働者の健康と福祉に留意し、サステナブルな手法(無駄なエネルギーを使わない、肥料・農薬は最小限に正しく使う、水質を守る)で生産管理する


  • 生産活動と環境保護の継続的改善

    継続的な生産活動の改善と、環境保護の向上を目指す。これらの実現のために技術やデータを利用する

ロゴ:USSOY USSEC