5G/IoT時代に起こるビジネス革新
~データ活用による新たな収益モデルについて~

データをマネタイズする
3つの勝ちパターンとは

KDDI株式会社
ビジネスIoT推進本部
ビジネスIoT企画部 部長

原田 圭悟氏

 「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」という特長を備えた5Gのサービスインが目前に迫ってきた。それはモバイル通信の高速化・大容量化にとどまらず、あらゆるモノをつなげるIoTのインフラとしても、ビジネスを劇的に進化させるだろう。だが最も重要なのは、5GやIoTで獲得したビッグデータを活用し、新たな収益モデルをどう創出するかだ。KDDIの原田 圭悟氏の講演では、その具体的な方法が示された。

5G/IoT時代の新たな収益モデル
3つのパターン

 あらゆるモノがネットワークにつながる5G/IoT時代が到来する。これによって、より多くの有用なデータが収集できるようになるが、重要なのは、こうしたそのデータをどのように生かしてマネタイズしていくかである。

 KDDIの原田 圭悟氏は、KDDIのこれまでの経験・ノウハウを基に、大きく3パターンの収益モデルのヒントを示す。それは、(1)故障抑止や効率化など自社業務の改革とコストダウンによる利益創出、(2)商品・サービスの価値向上による売り上げ・利益の創出、(3)収集したデータの外販による売り上げ・利益の創出――である。

 パターン1の「自社業務の改革」は、最もベーシックな収益モデルと言える。製造業で言えば、工場の製造機器にセンサーを付け、稼働状況をデータで把握・分析することで、機器や部品の交換時期などをあらかじめ予測し、ラインを止めることがないようにする施策だ。これによりダウンタイムを最小化し、収益ロスや修理コストを最小化することができる。

 「5G時代では大容量・低遅延の特長を生かし、従来以上にAIの映像/画像分析が使いやすくなります。カメラ映像から工場の異常検知を行うことも可能となり、工場の無人化などにも貢献できるようになります」と原田氏は説明する。

 パターン2の「商品・サービスの価値向上」は、メーカーからエンドユーザーまでのサプライチェーン上で、自社商品の稼働状況、在庫・欠品の状況などをリアルタイムに把握し、売り上げや利益を創出する取り組みである。

 例えばある空調メーカーのケースでは、業務用エアコンに通信モジュールを付けて遠隔から異常を監視し、迅速な修理対応を実施している。さらに「省エネ運転ができているか」「消し忘れはないか」までを見守り、ユーザーに新たな価値を提供することで、従来の売り切りモデルからリカーリングモデルへの進化を実現。買い替え需要や売り上げの大幅アップにつながっているという。

 この例のように、商品・サービスの価値向上には積極的なデータ活用が有効だ。そこでKDDIは、auのスマートフォンユーザーの位置情報を利用して、過去・現在・未来の3軸で活用できる「au人口動態データ」の提供を行っている。企業は自社データとau人口動態データをひもづけることで、新規出店の検討や災害時の迅速な意思決定、イベント情報と組み合わせたタクシー配車予測などに生かすことができるという。

 パターン3の「データの外販」は、顧客企業の持つIoTデータと、その潜在的ニーズを持つ企業をマッチングさせ、KDDIのデータ分析などを加味して新たな売り上げや利益を生む取り組みだ。原田氏は、その実現を支援するソリューション「KDDI IoTクラウド Data Market」の適用例として、大型車のデジタルタコグラフと映像データを交通事故防止に役立てている事例を説明した。

 「自社保有の大型車が路面の速度制限情報と比較して速度超過していないかを検知するための情報を、交通事故の潜在的な危険箇所を把握できる情報として外販し、自治体が工事箇所の選定に活用できるようにした事例です。このようにIoTデータは工夫次第で新たな気づきや付加価値を生むエコシステムを構築することができます」(原田氏)